コト

シマ文化、「考えるな、感じろ!」 宇検村=やけうちっ子環境学習講座始まる

宇検村教育委員会主催の2023年度「宇検村やけうちっ子環境学習世界自然遺産博士講座」の初回講座は5月27日、鹿児島県奄美大島・宇検村湯湾の生涯学習センター「元気の出る」館であった。村内の小学生や保護者ら26人が参加。一般社団法人巡めぐる恵めぐるの新元一文代表理事(52)と久志、田検、阿室校区の語り部5人を講師に迎え、昔の集落(シマ)文化や暮らしなどについて学び、現代人に薄れつつある〝感じる力〟を養った。

アダンの葉の風車作りに挑戦する博士講座参加者=5月27日、宇検村

ㅤㅤㅤ

同講座は、奄美・沖縄が世界自然遺産登録となった21年度から始まり、今年で3年目。地域の自然や文化、歴史を学び、持続可能な社会の担い手を育成する目的で、今年度は全5回の開催を見込む。

新元代表理事は「自然と人とのつながり今昔物語~世代を越えて語り合おう!『考えるな 感じろ!』」と題して講話。半世紀以上前の集落の暮らしぶりを、自作の歌に乗せて三線で弾き語ったり、クイズ形式で出題したり、さまざまな角度から紹介した。島唄を身近に感じてもらおうと、「行きゅんにゃ加那」の曲調に合わせた歌詞作りのワークショップもあった。

語り部5人は、島口も交えながら、わらべ歌や昔遊びなどを伝授。「昔は自分たちで遊びを考え、道具なども山や海などにある自然のもので作っていた」とし、受講者らもアダンの葉の風車やソテツの葉の飛行機、竹トンボ作りに挑戦した。阿室小4年の上米良心菜さん(9)は「昔の人は自然のもの使って、いろんな工夫をし、楽しんでいたことを知ることができた。とても楽しかった」と笑顔で話した。

次回講座は7月下旬、川の生き物観察会を実施する予定。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 「星のソムリエ」目指す 与論町 星空ツーリズムを推進
  2. MBCラジオ「あまみじかん」5月7日(第304回)は…
  3. 盛況!「エイエイオー祭」 徳之島=地域おこしイベント、若者有志が…
  4. 【天城町】徳之島空港近くの新名所!「うおっちょ」でとれたて海の幸…
  5. アマミノクロウサギ 保護・観光の両立を 大和村で施設整備へ
  6. 脱、コロナ疲れ。大好きな唄で繋げ100人リレー! 脱、コロナ疲れ。大好きな唄で繋げ100人リレー!
  7. 海がグリーンに染まる季節、奄美の春を告げるアオサ
  8. 売上金の一部を被災地へ 与論町生活研究グループ=「月市」、バザー…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP