コト

復帰運動の聖地、駆け上がる 日本復帰70周年=奄美市メモリアル事業

12月25日に迎える奄美群島日本復帰70周年を記念したメモリアル事業の一環で鹿児島県奄美市は11月4日、歴史伝承や機運醸成を目的とした各種イベントを名瀬市街地各所で開いた。復帰記念碑が立つおがみ山を駆け上がる「激坂選手権」では25人が急こう配の坂道に挑み、奄美の未来のために身を削った先人に思いを重ねた。復帰運動の舞台となった身近な聖地を歩く「歴史巡りウォーク」もあり、復帰に至るまでの経緯を学んだ。

奄美群島日本復帰70周年を記念したメモリアル事業「激坂選手権」。復帰記念碑が立つおがみ山を駆け上がる参加者たち=11月4日、奄美市名瀬

ㅤㅤㅤ

激坂選手権は同日午前、登山口から展望広場までの約600メートル(高低差約66メートル)コースで実施。沿道には米軍政下や日本復帰以降の名瀬市街地の写真などが並び、参加者らは下山しながら今の風景と見比べた。

レース後は上位3人のほか、70周年にちなんで7位と17位も表彰した。最速タイムの2分39秒60で駆け抜けた同市名瀬の自衛官、安達卓之さん(30)は「想像以上にきつく、祖国復帰に奮闘した先人の思いを感じた。これからの奄美を守りたいという決意も湧いた」と振り返った。

歴史巡りウォークは午後にかけて実施。参加者は2組(各定員50人)に分かれ、復帰運動の集会が行われた名瀬小学校庭、断食祈願が行われた高千穂神社を歩いて巡った。今も残る校庭の石段や多くの群島民が賛同した署名活動についても解説があり、理解を深めた。

同市笠利町から家族6人で参加した女子児童は今回、初めて名瀬小と高千穂神社を訪れた。学校の授業で学んでいたこともあり「実際に(復帰運動が行われていた)その場所に来てみて、改めて奄美にとって特別な歴史なんだと感じた」と話した。

このほか同日は、中心商店街で開催された秋祭りに合わせて、復帰にまつわる謎解きイベント「復帰記念クイズラリー」もあり、家族連れなどが楽しんだ。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. ハッピーハロウィーン! 奄美市名瀬=園児が仮装パレード、お菓子も…
  2. 人を幸せにする、奄美大島ネサリチョコレート 人を幸せにする、奄美大島ネサリチョコレート
  3. 「諸鈍シバヤ」4年ぶり開催 瀬戸内町加計呂麻島=紙面、躍動の舞い…
  4. 開設1周年、トークイベント 奄美大島世界遺産センター=自然や暮ら…
  5. トレーラーハウス Le GRAND BLUE(ル・グランブルー)…
  6. アコウの実、鈴なり 淡い紅色も愛らしく 名瀬朝戸
  7. 街中に欧米客、何を買う? 国際クルーズ船寄港=商機拡大、課題は外…
  8. 文化継承の取り組み学ぶ 沖永良部島=7人がタイ訪問、地域のコミュ…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP