コト

盛況! すももフェスタ 大和村=販売会に収穫体験、村内外から600人来場

奄美プラム(スモモ)の産地、鹿児島県奄美大島・大和村は6月11日、同村大棚の農林水産加工施設まほろば館で恒例の「すももフェスタ」を開いた。旬を迎えたスモモの販売会や収穫体験があり、村内外から家族連れなど延べ約600人が訪れてにぎわった。

スモモの収穫体験を楽しむ親子=6月11日、大和村

ㅤㅤㅤ

フェスタは村の特産品PRを目的に2016年に始まった。悪天候で中止となった年などを挟み、今回で6回目。村担当者によると、今期産のスモモは全体的に大玉傾向で、生産量は前期実績と同程度の約50トンを見込む。

伊集院幼村長は「旬のスモモを味わい、ぜひ周囲にも宣伝してほしい」とあいさつ。販売ブースでは販売開始前から来場者が列を作り、午前10時の開始とともにL~3Lサイズのスモモ約500キロが次々と売れた。スモモのソフトクリームやかき氷の販売、ジャムづくりなどの体験コーナーも人気を呼んだ。

果樹園でのスモモ狩り体験には親子連れ約40人が参加。濃紅色に熟れた大玉のスモモを袋いっぱいに摘み取っていた。奄美市名瀬から家族で訪れた女児は、収穫したばかりのスモモをその場でぱくり。口の周りを果汁で赤くしながら「おいしい」と笑顔を見せた。

会場ではマグロの解体ショーや県立奄美少年自然の家の「自然の家がやってきたin大和村」もあり、来場者は家族や友人同士で楽しいひとときを過ごしていた。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 大浜サマーフェスティバル2020~奄チュアミュージックの祭典~
  2. 観光客にも人気! みんなの拠り所「味の郷かさり」
  3. 児童がサンゴ石垣修復 早町小、島ならではの伝統実感
  4. 日本のゴーギャン 田中一村。絵の魅力や製作への熱意を学芸専門員に…
  5. あまみエフエム 龍郷町秋名 お米の収穫
  6. 論文の内容を解説する浜田太さん(右)と水田拓さん=22日、奄美市名瀬 クロウサギの繁殖記録 浜田さん、国際学術誌に共著論文
  7. 【徳之島町亀徳】徳田虎雄顕彰記念館がぜいたくすぎるコワーキングス…
  8. 画家・絵本作家 ミロコマチコさん

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP