コト

与路島舟こぎ、最後の大会 瀬戸内町=人口減で継続困難、出身者も集い有終の美

鹿児島県瀬戸内町与路島の与路集落(信島豊武区長、35世帯54人)で5月14日、第33回舟こぎ大会が開かれた。新型コロナウイルスの影響により4年ぶりに開催されたが、歯止めのかからない島の人口減少などから、主催する与路青壮年団と与路婦人会は今後の継続が困難とし、今回が最後の大会。案内を受けた島外在住の出身者らも合わせ約180人が集まり、有終の美を飾った。

熱戦を繰り広げた舟こぎ大会=5月14日、与路島

ㅤㅤㅤㅤㅤ

5月ごろに開催されてきた恒例行事で、出身者らの記憶によると1950年代に地元住民がスタートした。途中、中断した時期もあったが、40年ほど前に再開。島外に住む出身者も多く参加する、島を挙げての一大イベントとして地域の活力となっていた。

登島健仁与路青壮年団長(55)は「近年は与路集落の人口減少が激しく、大会運営も厳しい現状。今回はこれが最後と思い、奮起して開催した」とあいさつ。名瀬在住与路郷友会の喜入博一会長(70)は「いつか島に住民が増え、また再開される日を心待ちにしている」と話した。

レースは地区別や職域別など5部門で実施。初めて参加した「海の子留学」の与路小5年の児童は「みんなで声を合わせてこぐことができた。練習の成果が発揮できた」と笑顔で話した。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 土木フェスタ in あまみ
  2. 世界自然遺産切手セット 奄美大島・徳之島
  3. 南海日日新聞〔写真〕カヤックの中の巣で、すくすくと育つアカヒゲのひなたち=1日、龍郷町芦徳(城泰夫さん撮影) カヤックですくすく アカヒゲ、巣立つ 龍郷町
  4. 100人のメッセージ「山下保博さん」#4 100人のメッセージ「山下保博さん」
  5. 奄美で「仕事と起業」に前向き 奄美大島雇用創造協=東京で相談会、…
  6. マコモって何?どこで作ってるの?マコモを使った料理やその他の用途…
  7. 集まれ!「紬ちゃん」 龍郷町=特産の大島紬とコラボ
  8. 大迫力!ホエールウォッチング!!

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP