コト

日本じゃがいも王選手権初開催 沖永良部島・島リノベ=地場産活用でユニーク競技

第1回日本じゃがいも王選手権(島リノベ主催)が5月7日、鹿児島県沖永良部島の和泊町研修センター運動広場であった。子どもから高齢者まで多くの島民らが来場。沖永良部島産ジャガイモ(バレイショ)「春のささやき」を活用した早食いや、蒸したジャガイモの品種を当てる「利きイモ」など、ユニークな競技種目を楽しんだ。

集中して「計量王」種目に臨む参加者=5月7日、和泊町

ㅤㅤㅤㅤㅤ

日本一早く収穫が始まるとして売り出している「春のささやき」を活用し、「みんなでつくり上げる日本一のイベントを目指そう」と初開催。会場では子どもたちによるダンスやエイサーの舞台発表、軽食の出店もあり、多くの来場者でにぎわった。

1キロ、2キロ、300グラムの各重さぴったりを目指し、ジャガイモを容器に入れる「計量王」では、普段ジャガイモを扱い慣れている母親世代が強さを発揮する中、小学生の奮闘も。皮むき手袋を使ってジャガイモの皮をむく早さを競う「皮むき王」では力とスピードが際立った一般男性が優勝した。

このほか、ジャガイモの飛距離を競う「遠投王」、ジャガイモを担いで走る「俊足王」など全7種目を行った。計量王2キロの部で優勝した成美朔君(10)=下平川小5年=は「何となく2キロかなと思って入れたが、優勝できてうれしかった。ジャガイモはポテトサラダに入れて食べるのが好き。また参加したい」と笑顔で話した。

各種目優勝者には賞金やメダルの贈呈があった。

島リノベ代表社員の市来武次さん(38)は「悪天候の中だったが、来場者に競技を楽しんでもらえたようだ。島に日本一のものがあるので、イベントを通して島民に知ってもらい、誇りを感じてほしい。イベントをすることで観光客の増加にもつながれば」と話した。
次回は来年3月の開催を予定している。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 認定ガイドが100人超 認定ガイドが100人超!
  2. 人を幸せにする、奄美大島ネサリチョコレート 人を幸せにする、奄美大島ネサリチョコレート
  3. 「全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール」天城中学校が全国出場 「全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール」天城中学校が全国…
  4. 大迫力!ホエールウォッチング!!
  5. 元ちとせさん「私の奄美大島・AMAMI」 元ちとせさん「私の奄美大島・AMAMI」
  6. #自分を見つめるキカイ旅 学生目線、SNSで魅力発信
  7. お湯の力で外来植物を駆除 奄美大島=ツルヒヨドリ、防除作業の効率…
  8. MBCラジオ「あまみじかん」12月30日(第389回)は…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP