コト

偉大な経験、未来へつなぐ 奄美の日本復帰70年=奄美市おがみ山で市民のつどい

「日のもとのはた、日のみはた、今ぞわが手に/朝はあけたり、さえぎるものなく」。奄美群島の日本復帰70年を迎えた12月25日、鹿児島県奄美市名瀬のおがみ山公園で「市民のつどい」があった。復帰の歴史伝承に取り組む6団体が主催し、小学生から復帰運動体験者まで約70人が参加。復帰の父・泉芳朗氏の胸像に献花し、強い意志で復帰を成し遂げた島の誇りと継承の決意を胸に、復帰祝賀の歌「朝はあけたり」の歌声を同公園に響かせた。

記念碑と国旗を背に、復帰祝賀の歌「朝はあけたり」を高らかに歌う才田一男さん(右)ら市民のつどい参加者=12月25日午前、おがみ山公園

ㅤㅤㅤㅤ

2016年から市民が中心となり毎年実施する集会。今年は23日に同公園を出発した「奄美大島一周たすきリレー」のゴールを祝福し、午前10時に開会した。

冒頭あいさつで「奄美群島の日本復帰運動を伝承する会」の安原てつ子副会長(70)は復帰の歴史に触れ「語り継いでいかなければならない、今は平和への長い旅の途中にある」と表現。参加者も70年の節目の日を迎え、それぞれの思いを語った。

奄美市名瀬の才田一男さん(85)は復帰の日を振り返り「『僕たちは日本人になったぞ』と万歳した夜のことが鮮やかに思い浮かび、涙が出る」と当時の喜びをかみしめた。今年7月、日本復帰に懸けた「密航陳情団」の思いを受け継ぎ、十島村宝島から鹿児島市まで人力カヌーで縦断した同市名瀬の白畑瞬さん(38)は「旅を通じ体全体で受け止めた思いを、未来の子どもたちへどうやってつないでいくか。それは僕たちの宿題」と決意を示した。

駒澤大学の須山聡教授は「何のために復帰を語り継ぐのか。『復帰』は沖縄では『今の問題』だが、奄美では思い出、昔話になりつつある。過去の話に封じ込めてしまっては、語り継ぐ意味がないのではないか。奄美が抱える課題にどう立ち向かうか。考えなければ行けないときだ」と参加者へ語り掛けた。

集いは参加者全員で万歳三唱し、締めくくった。泉芳朗を偲(しの)ぶ会の楠田哲久会長(76)は「奄美には日本復帰という偉大な『経験』がある。子どもたちにはその経験の上に、飛躍して行ってほしい。復帰のその日を忘れないために」と話した。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 絶滅危惧種サガリラン、人工開花 ~国内自生地は奄美大島のみ
  2. MBCラジオ「あまみじかん」10月3日(第223回)は…
  3. 「子宝の島」で命育む  徳之島で勝廣光さん=双子クロウサギを撮影…
  4. 東京にいながら「まるごと奄美」体験 武蔵野市のホテル=島の食満喫…
  5. MBCラジオ「あまみじかん」11月27日(第281回)は…
  6. MBCラジオ「あまみじかん」3月2日(第398回)は…
  7. MBCラジオ「あまみじかん」12月4日(第282回)は…
  8. スイーツが熱い! 多様な個性が混じり合う直売所「うけん市場」

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP