コト

ロケットの一部か? 大和村戸円=ヒエン浜、謎の巨大金属片が漂着

鹿児島県奄美大島・大和村戸円の海岸に巨大な金属片が打ち上げられているのが10日までに見つかった。村が11日に回収し、現在は保管中。村職員や関係者らは「ロケットの一部のように見えるが、正体は不明」と話し、首をかしげるばかり。村は関係機関に情報提供を呼び掛けている。

大和村の海岸から回収された漂着物=11日、同村思勝

漂着物は長さ約3メートル、幅約2メートル、厚さ約35ミリ。湾曲した板状で、ハチの巣状のハニカム素材を金属板で挟んだ構造になっている。文字や数字は書かれておらず、表面の一部は黒く変色。ところどころにさびが見られるが、貝などの付着物はない。

同村戸円のヒエン浜を訪れた人が10日に金属片を見つけ、奄美海上保安部を通じて村へ連絡した。村職員によると、近隣住民は3月下旬ごろには漂着を確認していた。

奄美大島では2021年5月、奄美市住用町の青久海岸に南種子町種子島宇宙センターから打ち上げられたロケットの一部とみられる金属片が漂着している。

今回の金属片についても、形状などから「ロケットのフェアリング(人工衛星保護用のカバー)ではないか」などと推測する声があり、大和村はロケットを製造する企業などへの問い合わせなどを含め情報収集を行っているが、11日時点で漂着物の正体は分かっていない。

村担当者は「冬場は近隣諸国のものを含む大量のごみが海岸に流れ着く。持ち主が分からなければそういった漂着ごみと同様に廃棄になると思うが、いつまで保管するべきか……」と頭を悩ませている。

 

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 会えなくても音楽でつながる~大高吹奏楽部リモート演奏会
  2. 多様な文化の発信拠点へ 奄美パーク=開園20周年記念式典
  3. 南海日日新聞〔写真〕国道58号から望むマングローブの森=1日、奄美市住用町 高速ネットラウンジが開所 ビジネスに対応 徳之島町
  4. 「徳之島モデル」の構築を!世界遺産登録1周年シンポ=地域づくりの…
  5. ケンムンの館(宇検村)が体験型ゲーム~「見えないモノを感じる観光…
  6. コロナに負けない!『龍郷町マスク配布』
  7. MBCラジオ「あまみじかん」11月7日(第228回)は…
  8. 原料はハブ、クラフトビール 奄美DNA=「強烈な味わい楽しんで」…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP