コト

五輪選手らスポーツの楽しさ伝える JALアスリートアカデミーin奄美

五輪や世界選手権に出場したトップアスリートから直接指導を受ける「JALアスリートアカデミーin奄美」(日本エアコミューター、日本航空共催)が11月18日、鹿児島県奄美市の名瀬運動公園陸上競技場で始まった。19日までの2日間で、子どもから大人まで約170人が参加予定。日本航空(JAL)所属の陸上選手4人を講師に、スポーツの楽しさや競技上達のこつなどを学んでいる。

子どもたちと短距離走で競う土井杏南選手(中央)=11月18日、奄美市の名瀬運動公園陸上競技場

ㅤㅤㅤㅤㅤ

JALアスリート社員が全国各地を巡り、子どもたちにスポーツの楽しさや競技の魅力などを伝える社会貢献活動の一環で、奄美大島での開催は昨年に続き2度目。

今回は土井杏南選手(短距離走)、山本凌雅選手(三段跳び)、髙良彩花選手(走り幅跳び)、鈴木雄大選手(パラ短距離走・走り幅跳び)の4人が来島した。

18日の午前中は小学生125人が教室に参加した。子どもたちはまず、各選手のデモンストレーションを間近で見学。土井選手、鈴木選手とは数人が短距離走で競争して、その速さを体感した。その後は「走る」「跳ぶ」の2グループに分かれ、選手たちから動作のこつを学んだ。

デモンストレーションで子どもたちの後方からスタートした鈴木選手を相手に、唯一ゴールまで逃げ切った奄美市の小学5年女児は「腕の振り方や足の上げ方など細かいところまで教えてもらって、これからもっと速くなれそう。また来年も参加して鈴木選手ともう一回走ってみたい」と笑顔で話した。

山本凌雅選手(左)にジャンプのこつを学ぶ子どもたち=11月18日、奄美市の名瀬運動公園陸上競技場

ㅤㅤㅤㅤㅤ

「チームJAL」の主将を務める山本選手は「奄美は能力の高い子が多いと思うし、教えがいがある。島というだけでハンディキャップもあると思うが、気候的には他の地域より運動がしやすく恵まれた環境にあると思うので、そこを生かして、いろんなスポーツにチャレンジしてほしい。楽しむことを忘れず頑張ってもらいたい」と語った。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 学校で炭焼き体験
  2. MBCラジオ「あまみじかん」5月29日(第256回)は…
  3. 大島紬の「奄美ウエア」伝統工芸士会、産地PRに一役 大島紬の「奄美ウエア」伝統工芸士会、産地PRに一役
  4. 「三献」作りに挑戦 大和中=島の正月料理、食文化に理解
  5. 「徳之島」でしか買えないご当地キティ
  6. “闘うシングルマザー”世界チャンピオン・吉田実代選手、沖永良部に凱旋! “闘うシングルマザー”世界チャンピオン・吉田実代選手、沖永良部に…
  7. 奄美大島で美味しい秋の魚シイラ
  8. MBCラジオ「あまみじかん」4月1日(第350回)は…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP