コト

瀬戸内町で、こども世界自然遺産講座  奄美の宝、みんなで守ろう

昨年夏、世界自然遺産に登録された鹿児島県奄美大島の瀬戸内町で8月26日、町主催の2022年度「第1回こども世界自然遺産講座」があった。町内の小学4年生~中学2年生10人が受講し、奄美の自然を地域全体で守っていく世界遺産登録の意義や、身近に生息する希少な生き物の保護の重要性などについて理解を深めた。

南海日日新聞【写真】アカマタの持ち方を学ぶ子どもたち=26日、瀬戸内町古仁屋

町教育委員会が18年度に始め、昨年度から町水産振興課に主催をバトンタッチ。昨年度は新型コロナウイルスの影響で中止となり、今年度は2回開催の予定。講座は奄美、沖縄の世界自然遺産登録に興味を持ち、自ら考え行動できる児童・生徒を育成することが目的。

講座は同町古仁屋にあるきゅら島交流館で開かれ、環境省奄美野生生物保護センターのアクティブレンジャー白石大晴さん(20)が世界自然遺産について、奄美海洋生物研究会の木元侑菜さん(31)が奄美の身近な生き物についてそれぞれ解説した。

白石さんは世界自然遺産登録の定義を説明した上で奄美の自然の多様さや固有種を紹介し、ロードキル(交通事故死)などの問題についても言及。「島全体が動植物の大切なすみかになっている。奄美の宝を協力して守っていきましょう」と語り掛けた。

木元さんは「生き物を友だちと思うことが守ることにつながる」と強調し、写真や動画も用いて、奄美大島に生息する生き物をユーモラスに説明。参加者は、実際にリュウキュウカジカガエルが周囲の環境によって体の色を変える様子を観察したり、奄美群島に生息する無毒の蛇アカマタの持ち方を学んだりした。

同町古仁屋の女子児童(10)は「アカマタは思ったよりも柔らかかった。学んだことを生かして動物や自然を守っていけるように意識したい」と目を輝かせた。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 〔写真〕沖永良部島沖で見つかったシューヤジリチンヨウジウオの拡大写真(鹿児島大学総合研究博物館提供):写真説明「シューヤジリチンヨウジウオ」 国内初確認、シューヤジリチンヨウジウオ 沖永良部島
  2. 泥染めや鶏飯作り体験で奄美を満喫!愛かな工房・島泊愛かな
  3. 環境に優しい「たんじゅん農法」とは
  4. 無人販売所・四季菜が開設 伊仙町、生産意欲向上へ
  5. 南海日日新聞〔写真〕冬の森を彩るアマミテンナンショウ=奄美大島 希少種、奄美の冬の森彩る アマミテンナンショウ咲く
  6. 奄美を歩けば食材の宝庫⁉食べられる草花、どれだけ知ってる?
  7. 「奄美を写す写真展」大賞はROCKY ARAKIさん~全国から2…
  8. 「見つけたら逃げて」 緑が丘小学校、ハブの生態学ぶ

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP