コト

平和受け継ぐ決意新た 奄美群島=終戦78年、各地で祈り

終戦から78年を迎えた8月15日、鹿児島県奄美群島各地で戦没者慰霊祭や追悼式、焼香台の設置などが行われた。人々は戦没者の冥福を祈り、戦争の悲惨さ、平和の尊さを後世へ語り継ぐ決意を新たにした。

約70人が参列、焼香し戦没者への鎮魂の祈りをささげた奄美市名瀬戦没者合同慰霊祭=8月15日、奄美市名瀬

ㅤㅤㅤ

奄美市名瀬の戦没者合同慰霊祭(市主催)は、アマホームPLAZA(市民交流センター)のマチナカホールであった。参加人数制限のない慰霊祭は4年ぶり。新型コロナウイルスの影響で、2020年は規模を縮小し、21年と22年は開催を見送った。

安田壮平市長は「悲惨な戦争の惨禍が二度と繰り返されないためにも、記憶を風化させることなく未来へと語り継ぎ、平和の尊さを若い世代へ継承していくことが私たちに課せられた重要な使命」と強調。祭壇を見詰め「未来を担う若者や子どもたちの笑顔あふれる幸せの島として、バトンを引き継げるよう全力で取り組んでいく」と誓った。

市議会の西公郎議長はロシアのウクライナ侵攻に触れ「武力を背景とした国家間の対立を繰り返さないためにも、私たち一人ひとりが世界の恒久平和を追求し続けることの大切さを痛感している。すべての市民が平和で豊かな生活ができる奄美市を構築するため、不断の努力を続けていくことを固く誓う」と延べた。

慰霊祭には遺族や市民、行政、自衛隊関係者ら約70人が参列。焼香し、手を合わせ、正午のサイレンが響くと全員で黙とうをささげた。一部の参列者は、名瀬あかざき公園の奄美群島殉職者慰霊塔へ赴き、殉職者の冥福を祈った。

同日は大和村、宇検村、瀬戸内町、龍郷町、喜界町でも戦没者追悼式が行われた。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. AGF農場、初の収穫祭 徳之島=コーヒー生産プロジェクト、6次産…
  2. 日本復帰70年記念、サガリバナ植樹 奄美市=公園や公共施設などに…
  3. MBCラジオ「あまみじかん」3月20日(第246回)は…
  4. 名瀬港 異動する教職員との別れ 新型コロナの影響も
  5. ヒガンザクラとストリートピアノ
  6. 南海日日新聞〔写真〕徳之島最大の観光イベントとなっている闘牛大会 闘牛大会、初の中止決定 徳之島、新型コロナ対策で
  7. MBCラジオ「あまみじかん」1月30日(第239回)は…
  8. MBCラジオ「あまみじかん」7月29日(第367回)は…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP