コト

夜風に吹かれ島唄満喫 奄美市=3年ぶり、十五夜唄あしび

奄美市の自主文化事業「奄美十五夜唄あしび」(奄美市開発公社主催)が9月24日夜、同市名瀬の奄美文化センター野外ステージであった。新型コロナウイルスの影響で、2019年以来3年ぶりの開催。秋の夜風に吹かれながら歌を掛け合い、出演者、来場者共に楽しいひと時を過ごした。

南海日日新聞【写真】夜風に吹かれながら、島唄を満喫した「奄美十五夜唄あしび」=24日、奄美文化センター

奄美各地の言葉や文化を引き継ごうと1993年に始まり、今回で25回目。唄者の昇喜代子さん、昇和美さん、岡山純博さん、石岡春代さん、前山真吾さんが出演した。

毎年恒例となっていた会場での飲料振る舞いなどは行わず、感染症対策を徹底して実施。初めに同公社の前田賢一郎事務局長が「島唄は奄美の大きな魅力・財産として後世に引き継ぎたいもの。昔の情景を思い浮かべながら楽しんで」とあいさつした。

「朝花節」で開幕。「俊良主節」「くるだんど節」「イトゥ」などが続き、会場には手拍子やハト(指笛)の音が響いた。唄者たちは、演奏の合間にシマ口(方言)を交えたトークも繰り広げて観客の笑いを誘った。最後は六調で会場が一体となりにぎやかに交流を広げた。

 

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 自衛官としての決意新たに 奄美駐屯地で「二十歳の式典」
  2. 奄美、福岡でレトルト「鶏飯」販売 郵便局から奄美の魅力発信
  3. 本場奄美大島紬グランプリ、最優秀作品賞に興紬商店、商品化コンは前…
  4. MBCラジオ「あまみじかん」10月8日(第326回)は…
  5. 沖永良部島 ”島立ち”の春
  6. 過ごしやすい学校へ校則見直し 奄美も変化、制服の選択など多様性尊…
  7. MBCラジオ「あまみじかん」4月15日(第352回)は…
  8. 奄美大島最南端の海水浴場「ヤドリ浜」で生き物観察!

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP