ヒト

「アマニコ海洋クラブ」発足 奄美市 県内15番目

鹿児島県奄美市 4月、マリンスポーツを通して奄美の豊かな自然について学ぶ「B&Gアマニコ海洋クラブ」が発足した。代表を務める奄美市名瀬の白畑瞬さん(35)は「多くの人にパドルスポーツを楽しんでもらい、島の良さを再発見してほしい」と話している。

白畑さんは2012年、カヌー愛好家ら5人と「アマニコカヌークラブ」を結成。大島海峡で行われる奄美シーカヤックマラソンの出場者向けに教室を開催したり、17年には6人乗りカヌーで奄美大島─喜界島間の往復にも挑戦している。

パドルスポーツの普及などを目的に昨年4月、公益財団法人ブルーシー・アンド・グリーンランド(B&G)財団に海洋クラブの登録を申請。同財団の現地視察や面談などを経て、昨年12月に県内で15番目の海洋クラブとして登録された。

登録に伴いクラブの名称も「B&Gアマニコ海洋クラブ」に改称した。会員数は現在15人。同財団からは活動に必要なカヤック9艇、ライフジャケット20着などが無償で貸与された。

白畑さんは「今後は体験会や小中学校を中心に海辺の安全教室などを行う予定。将来は多くの人が楽しめる生涯スポーツになれたら」と話した。

自然体験を通して青少年の健全育成に取り組むB&G財団の海洋クラブは、1日現在で全国に293団体(会員数約1万2千人)が登録されている。

〔写真〕海洋クラブを立ち上げた白畑さん=17日、奄美市名瀬


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. ネットショップ「コロナに負けるな応援企画 未来の私に島旅を。」 沖永良部島、前払いギフトカードで事業所を応援「コロナに負けるな …
  2. 南海日日新聞:沖永良部島沖で見つかったカクレタツノコ(GTダイバーズ沖永良部島提供) 写真説明 ユリタツノコ(GTダイバーズ沖永良部島提供) 国内初、タツノオトシゴ属2種記録 沖永良部島、北限に
  3. ナイトツアーの増加で野生生物への影響が懸念される三太郎峠=3月、奄美市住用町 三太郎線、利用ルール導入へ
  4. 製糖シーズン到来!水間製糖で出来立てほやほやの「鍋かき黒糖」を食らう! 製糖シーズン到来!水間製糖で出来立てほやほやの「鍋かき黒糖」を食…
  5. 大島養護学校高等部生、徳之島の保育園で職場体験! 大島養護学校高等部生、徳之島の保育園で職場体験!
  6. 南海日日新聞〔写真〕尾びれを海面に出す2頭のザトウクジラ=22日、知名町知名の沖合(前利潔さん撮影) 陸上からクジラウオッチング 知名町公民館で2頭撮影
  7. 脱、コロナ疲れ。大好きな唄で繋げ100人リレー! 脱、コロナ疲れ。大好きな唄で繋げ100人リレー!
  8. 島の素材活用、「あいらんどーなつ」 奄美高校が共同開発

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP