コト

秋まきソバの花が見頃  宇検村=可憐な花、甘い独特な香り

鹿児島県宇検村芦検地区の栽培実証ほ場で今、秋まきのソバの花が見頃を迎えている。高く抜ける秋空の下、白く可憐(かれん)な花が風に揺れ、辺り一帯は少し甘い独特な香りに包まれている。

栽培実証ほ場一面に広がるソバの白い花=11月21日、宇検村

ㅤㅤㅤㅤ

実証ほ場では、10月17日、奄美地域の新たな特産作物の産地化に向けて奄美群島農政推進協議会と宇検村がソバの種まきを実施。遊休農地を活用した約20アールの畑には、暖地栽培に適した「さちいずみ」と「鹿屋在来」の2種が植えられている。

生育は良好で、背丈は30センチほど。葉を青々と付けており、小さな花には、リュウキュウアサギマダラやツマベニチョウ、蜂雀(ホウジャク)など、さまざまな昆虫が蜜を求めて飛び回っている。

花の見頃は12月上旬頃までという。収穫は同月中旬から来年1月初旬を見込んでおり、農政協は「収穫に期待が高まる」と話す。ほ場には、花粉交配用のミツバチの巣を設置しており、同村産業振興課は「スズメバチなども見られるため、巣箱には近付かず、十分に注意しながら観賞してほしい」と呼び掛ける。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. MBCラジオ「あまみじかん」3月18日(第348回)は…
  2. 復帰10年後の写真保管 鹿児島市の前田さん=宇検村阿室の集会撮影…
  3. 夜風に吹かれ島唄満喫 奄美市=3年ぶり、十五夜唄あしび
  4. 「サンゴ留学」1期生入寮 喜界町=島外の6人、研究活動も
  5. サンゴの苗作り体験 与論町漁協、海の環境保全へ勉強会
  6. MBCラジオ「あまみじかん」11月7日(第228回)は…
  7. 陰キャ植物館
  8. 奄美のお年寄りの元気の秘訣は?デイサービスや訪問看護

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP