コト

夜はスロードライブを 奄美大島・徳之島=クロウサギ事故防止キャンペーン

環境省奄美群島国立公園管理事務所奄美野生生物保護センターと同徳之島管理官事務所は9月1日から12月31日まで、アマミノクロウサギ交通事故防止キャンペーンを展開している。鹿児島県奄美市笠利町の奄美空港では9月4日、事故防止を呼び掛ける特別展示が始まり、島に降り立つ観光客らに注意喚起した。

アマミノクロウサギなど野生動物の交通事故防止を呼び掛ける環境省のキャンペーン展示=9月4日、奄美空港

ㅤㅤㅤ

アマミノクロウサギの活動が活発になる秋に、生息地の奄美大島と徳之島で例年実施しているキャンペーンの一環。近年の事故件数急増を受け、今年は期間を例年から2カ月間長い4カ月間とした。キャッチコピーは「奄美・徳之島の夜はスロードライブ」。

展示は▽アマミノクロウサギの生態▽事故発生状況▽事故を防ぐには?―などをポスターや写真で示し、注意喚起する内容。同センター自然保護官補佐の白石大晴さん(21)は「クロウサギだけではなく、ケナガネズミなどほかの野生動物も事故で死んでいる。国道など意外な場所での事故も多く、夜の運転は速度を落として」と注意を呼び掛けた。

環境省によると、今年1月から7月末までのアマミノクロウサギの交通事故発生件数は奄美大島85件、徳之島18件ですべて死亡。林道以外に県道や国道などでも事故が多発しており、ゆとりのある運転をするよう呼び掛けている。

奄美空港での特別展示は9月28日まで。期間中、奄美市住用町の奄美大島世界遺産センターで特別イベント(9月16日)を実施するほか、自治体広報誌、ラジオ、防災無線などで啓発活動を展開する。

アマミノクロウサギなどの野生動物がけがをしていたり、死んでいるのを発見したら昼夜問わず電話0997(55)8620奄美野生生物保護センターか、電話0997(85)2919徳之島管理官事務所へ。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 白く、かれんな花咲く 西村さん、「花の島」でゴマ栽培
  2. 豪雨、土砂が成長に影響 奄美大島でサンゴ骨格分析
  3. 迷鳥、カナダヅル飛来 奄美大島、「温かく見守って」
  4. クルーズ船寄港、最多水準 再開から半年、奄美ファン獲得に注力を
  5. 「あまみエフエム」台風被害の送信所が復旧 「あまみエフエム」台風被害の送信所が復旧
  6. 五輪選手らスポーツの楽しさ伝える JALアスリートアカデミーin…
  7. 一重一瓶囲み「墓正月」 沖永良部島知名町=墓前に親族集い、昔なが…
  8. ふるさと納税を奄美群島の自然保護に活用

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP