コト

地域住民が植物モニタリング 奄美大島=スマホで撮影し位置記録

地域住民を対象にした植物モニタリング調査の学習・体験会が11月12、18、19日に、鹿児島県奄美大島の3カ所で開かれた。鹿児島大学鹿児島環境学研究会が主催。受講者らは調査ルートを散策しながら植物を観察し、スマートフォンなどで撮影し、位置を記録する調査を体験した。

フォレストポリスを散策しながら植物モニタリングを体験する参加者=11月18日、大和村

ㅤㅤㅤㅤ

奄美大島や徳之島の世界自然遺産登録に当たっては、地域住民のモニタリングへの理解と参画が、重要な課題の一つとして位置づけられている。

同研究会によると、希少種などの在来種だけでなく、外来種のモニタリングも、計画的な駆除や、駆除効果の検証などのために重要。行政や大学など一部の公的機関だけで行うのは難しく、地域住民の主体的な協力が不可欠という。

学習・体験会は住民参加型のモニタリング調査体制構築が目的。12日に龍郷町秋名、18日に大和村のフォレストポリス、19日に瀬戸内町蘇刈であった。

フォレストポリスには主催者側を含め約20人が参加。講習会では事前に決めた一定のルートに沿って歩き、そのルート上の植物を記録するモニタリングの手法(ラインセンサス法)や、調査報告の方法を学んだ。

講習会後、参加者は専門家の案内でフォレストポリスを散策し、植物観察を楽しみながらモニタリング調査を体験した。

同研究会の奥山正樹特任教授は「地元の自然に関心を持ってもらい、その変化に気付いてもらう。今回の学習、体験がそのきっかけになれば」と期待した。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 100人のメッセージ「山下保博さん」#4 100人のメッセージ「山下保博さん」
  2. 保護したアオウミガメ放流 大和村=夏休みの子どもたちが見守る
  3. 「星のソムリエ」目指す 与論町 星空ツーリズムを推進
  4. ヒガンザクラとストリートピアノ
  5. MBCラジオ「あまみじかん」3月12日(第296回)は…
  6. 世界自然遺産5地域の観光関係者が参加したシンポジウム=16日 世界自然遺産、観光振興へ連携 国内5地域がシンポジウム=豊かな魅…
  7. MBCラジオ「あまみじかん」12月25日(第285回)は…
  8. MBCラジオ「あまみじかん」1月23日(第238回)は…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP