グルメ

海と笹の小道を絶景さんぽ。宮古崎&Bee Lunchで大迫力サンセットやアジアンフードも楽しむ♪


サワサワ。サワサワ。
背の低い笹が、1歩進むたびに太ももを優しく撫でていきます。
風が吹くと長い笹の葉がすれあって、丘全体がささやいているかのよう。
そんな小道から、右を見ても左を見ても美しい海が楽しめる絶景スポットが、奄美大島の大和村にある「宮古崎(みやこざき)」です。

笹の原っぱを歩いて宮古崎へ。ずっと続く絶景は圧巻!


海と夕日の名所、宮古崎。
視界に遮るものがなにもない、開放的な場所です。
わたしはここに来るといつも、悩んでいたことがスッと身体から抜けて消えていって、
穏やかな気持ちになります。自然に癒されるって、こういうことか~。と、納得。
島の美しさがじんわりと自分の中にとけていくような感覚になりますよ。
宮古崎の駐車場へは、奄美大島一番の市街地・名瀬から車で約30分。
そこに車を停めて、20分ほど歩きます。
道は平坦ではなく、登ったり下りたりとちょっとハードなので、歩きやすいスニーカーやサンダルがおすすめ。ちょっとキツい~!と思いながら宮古崎まで歩いていると、視界がザッと開ける場所に、こんなご褒美が待っています。


この海、まさに、絶景!
嘘みたいに青く澄んだ海の色に、くっきりと見えるサンゴ礁。
この光景に、軽く息切れする身体が喜ぶのが分かりますよ。

波が聞こえるBee Lunchでアジアンフードやドリンクを!


宮古崎の駐車場から車で約2分の場所に、絶対立ち寄ってほしいご飯屋さん「Bee Lunch(ビーランチ)」があります。
絶品アジアンフードをはじめ、おでんから島フルーツのこだわりかき氷まで、どれも間違いなくおいしいカフェレストランです。写真は「スパイシーチキンプレート」。
噛むとジュワッとジューシーなチキンに、しっかりスパイスがきいていて、うまいっ!


夏休みの小屋のような外観が、なんともかわいくておしゃれ。
Bee Lunchは、景勝地の国直(くになお)海岸のすぐ横にあります。
波の音を聞きながら、ランチやディナーを楽しんでくださいね。
ちなみに、Bee Lunch横の国直海岸からも宮古崎に歩いて行けます。
国直海岸から行くルートのほうがさらにハードなのですが、体力に自信があるならこちらのほうがおすすめ。
ビーチ沿いをずっと歩いてから宮古崎へ登っていくので、道中の景色をより楽しめますよ。
奄美大島の自然もフードも楽しみ尽くすお散歩コース。
ぜひ体感しに来てくださいね!


■Bee Lunch■

  • 住所   鹿児島県大島郡大和村大字国直555番地
  • 営業時間 11:00~20:00
  • 定休日  不定休

㈱しーま 編集部ライター 藤原志帆

投稿者の記事一覧

大阪大学外国語学部卒業。在学中チリ、スペイン、アメリカに留学し、中南米の6カ国28都市をバックパッカーとして周遊。その後新卒で不動産広告のITベンチャー企業に就職し、トップセールスを獲得する。TOEIC865点、スペイン語検定4級取得。現在は美しい海に憧れて奄美大島に移住し、フリーライター、通訳士(スペイン語・英語)、アフリカンダンサー、予備校など多方面で活動中。地酒の黒糖焼酎が大のお気に入り。

■「奄美群島情報サイトしーまブログ」https://amamin.jp/

関連記事

  1. MBCラジオ「あまみじかん」11月14日(第229回)は…
  2. 南海日日新聞「写真:奄美の海!フォトコンテスト自由部門1位の長井智子さんの作品」 自由部門は長井さん「奄美の海フォトコンテスト」
  3. 023 卒業前に親子相撲 朝日相撲少年団、母親も参加
  4. 徳之島でホエールウォッチング&ホエールスイム!マリンサービス 海夢居の鈴木竜爾さんにインタビュー 徳之島でホエールウォッチング&ホエールスイム!マリンサービス 海…
  5. 南海日日新聞〔写真〕尾びれを海面に出す2頭のザトウクジラ=22日、知名町知名の沖合(前利潔さん撮影) 陸上からクジラウオッチング 知名町公民館で2頭撮影
  6. MBCラジオ「あまみじかん」10月10日(第224回)は…
  7. 南海日日新聞〔写真〕力強くスタートを切る大島地区の久保愛結美(左)ら1区の選手=26日、霧島市隼人運動場 大島8位、Bクラス維持 鹿児島県地区対抗女子駅伝
  8. 南海日日新聞〔写真〕「おうちで博物館」に登場するヤツガシラ 「おうちで博物館」スタート 奄美博物館がSNS配信

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP