コト

「ノルウェージャン・ジュエル」再寄港 奄美大島=最大級のクルーズ船、欧米豪の2400人来島

鹿児島県奄美市の名瀬港観光船バースに18日、クルーズ船「ノルウェージャン・ジュエル」(9万3502トン、バハマ船籍)が寄港した。2023年10月に続き2回目で、同港に寄港したクルーズ船の中では最大級の全長294メートル。乗客約2400人が訪れ、名瀬市街地が国際色豊かに活気づいた。

アメリカに本社を置くノルウェージャンクルーズラインの所有船。乗組員は約1000人で複数のレストランやバー、大型プール、シアターなどを備える。

今回のクルーズは10日間の日程。東京出発後、京都や沖縄、長崎などを巡り韓国・ソウルを目指す。乗客の国籍は主に欧米各国やオーストラリアなど。

午前7時に入港後、乗客約350人はオプショナルツアーに参加。バス8台とタクシー1台で奄美大島観光に繰り出した。そのほかの乗客は奄美市の名瀬市街地を散策。路線バスやタクシーを利用する人も見られたが、多くは徒歩で市街地へ向かった。

 

名瀬港観光船バースに接岸した「ノルウェージャン・ジュエル」=18日、奄美市名瀬

名瀬中央通りアーケードは、お土産物店などを見物する乗客たちでにぎわった。オーストラリアから訪れたジョン・コーネルさん(75)は「のどかな良い場所という印象。おがみ山にも登った。景色がきれいだった」と笑顔。キルト作りが趣味だという妻のマリーさん(同)は「手芸店で布を買った。伝統の織物についても知りたい」と大島紬小物店に足を運んでいた。

この日は県立大島高校の英語部と有志の1、2年生計21人が通訳ボランティアとして活躍。生徒らは自作した英語表記の地図を乗客に手渡しながら、流ちょうな英語で道案内や奄美のPRなどを行った。

通訳ボランティアの経験は3回目だという生徒は「慣れてきて文法が少し間違っていても通じることが分かった。いろんな国の話も聞けて楽しい。乗客から『頑張っているね』『良い取り組みだね』と声を掛けてもらいうれしかった」と手応えを語った。

通訳ボランティアとして乗客らに英語で道案内する大島高校の生徒ら=18日、奄美市名瀬の商店街

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 「徳之島モデル」の構築を!世界遺産登録1周年シンポ=地域づくりの…
  2. 喜界島マラソン4年ぶり開催 142人快走、地域交流も
  3. テーマは「境界上の島」沖永良部=島嶼学会2022大会開幕
  4. 島の恵み、おいしく頂く 喜界島=「ジオパクパク給食」、島生まれの…
  5. 奄美群島で起業したい人を支援する教育プログラムが始まる 奄美群島で起業したい人を支援する教育プログラムが始まる
  6. ヤドカリは「宿貸し」も 奄美市=渚のいきもの勉強会、身近な海の不…
  7. スイーツが熱い! 多様な個性が混じり合う直売所「うけん市場」
  8. MBCラジオ「あまみじかん」11月18日(第383回)は…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP