コト

アマミトゲネズミ公開 奄美大島の固有種=平川動物公園など全国4施設で

鹿児島市の平川動物公園は5日から、奄美大島の固有種アマミトゲネズミの展示を始める。同種の一般公開は日本初で、展示するのは保全の一環として島外で飼育・繁殖させた個体。同園のほか、神戸どうぶつ王国、埼玉県こども動物自然公園、宮崎市フェニックス自然動物園でも同様に公開される。平川動物公園の福守朗園長は「奄美でもなかなか見られない生き物を間近で観察できる。展示を通して希少生物が置かれている状況にも関心を高めてほしい」と話し、来場を呼び掛けている。

アマミトゲネズミは奄美大島の森林にすむ夜行性のネズミで、体長約10~15センチ、体重約100~140グラム。主に木の実や昆虫を食べ、とげのような硬い被毛が特徴。徳之島と沖縄島北部にはそれぞれ固有種のトクノシマトゲネズミ、オキナワトゲネズミが生息する。環境省レッドリストの絶滅危惧IB類。国の天然記念物。

平川動物公園で展示されるアマミ①トゲネズミ(提供写真)

環境省は2017年、種の保存を目的に国内の3動物園でアマミトゲネズミの飼育を開始し、18年9月に宮崎市フェニックス自然動物園で初めて飼育下での繁殖に成功した。22年12月末現在、全国8施設で計71匹が飼育され、生態や遺伝子の研究・調査が進められている。

今回は飼育繁殖技術が向上し飼育下の個体数が安定してきたことを受け、生息域内外の保全活動や動物園の取り組みについての普及啓発を目的に4動物園での展示が決まった。

平川動物公園では21年3月にアマミトゲネズミの飼育を開始し、現在6匹を飼育している。公開する個体は、20年5月14日に宮崎市のフェニックス自然動物園で生まれた雌1匹。園内「発見の森」トゲネズミ舎で展示する。来場者はガラス越しに眠っているトゲネズミを観察し、録画された夜間の行動の様子を動画で見たりできる。

福守園長は「先日は1994年以来30年ぶりとなるルリカケスのひな2羽の巣立ちもあった。この機会に、来場した多くの人に奄美にすむ生き物たちのことを知ってもらいたい」と話した。

平川動物公園で30年ぶりに巣立ちが確認されたルリカケスのひな(左)。右は親鳥(提供写真)

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 早くも夏本番! 喜界町=スギラビーチ海開き、マリンレジャー体験も…
  2. 〝いい音〟集めたよ 奄美市=音の自然観察会、子どもらが身近な音を…
  3. MBCラジオ「あまみじかん」5月25日(第410回)は…
  4. 水中遺跡調査に挑戦 伊仙町=親子連れ10人、計測作業体験
  5. 奄美・徳之島世界自然遺産~エアラインスタッフの思い~
  6. 「サンゴが元気なら島も元気」 喜界島=リーフチェック、地元ダイバ…
  7. MBCラジオ「あまみじかん」6月3日(第359回)は…
  8. 奄美が誇るキングオブスイーツ、黒糖の生まれる場所

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP