生活

ユリ球根、取引始まる 沖永良部島=天候回復、掘り取り作業本格化

鹿児島県沖永良部島の2024年産テッポウユリの球根取引が20日、始まった。今年の出荷量は143万200球(前年実績比4万3910球増)を見込む。島内各地のほ場では生産者が掘り取り作業に汗を流す姿が見られる。取引期間は7月10日までの21日間。

永良部百合・フリージア生産出荷組合の和泊、知名両町支部事務局によると、今期の生産者は37戸(前年比2戸減)で、栽培面積は前年実績比144アール増の930アール(和泊582、知名348アール)。価格は昨年と同額となった。

今年は雨天続きで掘り取りがストップしていたが、晴れた先週末から作業が本格化。24日、和泊町のほ場で掘り取り作業に汗を流していた和田尚之さん(63)=同町=は「畑に入れたのは22日から。球根の出来はよさそう。手作業でしか掘り取りできないので、人手がいれば、作業は例年通り7月いっぱいで終わるだろう」と話した。

ユリ球根の掘り取りが進められているほ場=24日、和泊町

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 3項目でB判定 自然遺産連絡会議・徳之島部会=ネコ対策など見直し…
  2. 「自由に遊べる広場を」 伊仙町子ども議会=児童生徒20人が一般質…
  3. 南海日日新聞 写真:30キロ走に汗を流す西田選手(右)=2日、奄美市名瀬の古見方ロードコース エディオン陸上部が奄美大島合宿 西田美咲選手も参加
  4. 愛しゃ連が渋谷区長賞 渋谷・鹿児島おはら祭り=奄美4団体、笑顔で…
  5. 「ぐーじゃー号」出発 与論町=親しまれる移動図書館車に
  6. 大島養護学校高等部生、徳之島の保育園で職場体験! 大島養護学校高等部生、徳之島の保育園で職場体験!
  7. 組み相撲から立ち合い相撲へ 国体に合わせ奄美市で講演会 津波氏=…
  8. フォトジェニックな奄美の教会巡り

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP