コト

アオウミガメ救出 龍郷町、キャンプ場に迷い込む

鹿児島県奄美大島龍郷町の安木屋場海岸で15日、産卵のため上陸したアオウミガメがキャンプ場内に迷い込んでいるのを、奄美海洋生物研究会の興克樹会長らが見つけた。救出のため駆け付けた町内のダイビング事業者や地域住民らが力を合わせて波打ち際まで運び、ウミガメは無事に海へ帰っていった。

 同日午後5時40分ごろ、ウミガメの上陸、産卵状況の調査をしていた興会長らが砂浜で足跡を発見。海に帰った形跡がないことから周辺を探したところ、海岸にあるキャンプ場内の資材の上で動けなくなっている個体を発見した。

 ウミガメは甲長95センチの雌の成体。興会長から連絡を受けた龍郷ダイビング組合のメンバーや安木屋場集落の住民ら10人余りが集まり、ウミガメをケースに保護した。「頑張れ」という声援を背に、砂浜で放されたウミガメはゆっくりと歩き出し、海へ泳ぎ出した。

 安木屋場海岸はウミガメの産卵浜として知られ、今年は4月14日に奄美大島で初めての産卵が確認されている。興会長は「住民のウミガメへの関心が高く、救出がうまくいった」と協力に感謝し、「どこの浜でも産卵する可能性はある。身近な存在と知ってほしい」と話した。

南海日日新聞〔写真〕住民らに見守られ海へと歩き出すアオウミガメ=15日、龍郷町安木屋場海岸

南海日日新聞〔写真〕住民らに見守られ海へと歩き出すアオウミガメ=15日、龍郷町安木屋場海岸


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 人気のハンドメイド作家 奄美の魅力をアクセサリーに
  2. 訪問客はシラサギ 和泊町、陽光浴びてさらに白く
  3. アダンの防風林復活へ 奄美自然学校、用海岸で植栽
  4. 広報せとうち3月号 古仁屋中学校男子バスケットボール部
  5. MBCラジオ「あまみじかん」12月5日(第232回)は…
  6. 名瀬港 異動する教職員との別れ 新型コロナの影響も
  7. クイズで学ぶ世界自然遺産 オンライン子ども講座
  8. 奄美の自然

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP