コト

台湾のJC、11年ぶり来島 奄美大島=泥染め、紬着用など体験

台湾の離島・澎湖(ほうこ)諸島の澎湖国際青年商会=澎湖JC=のメンバー4人が1月28日、視察のため鹿児島県奄美大島を訪れた。奄美大島青年会議所=奄美大島JC=のOBで、龍郷町の本場奄美大島紬織元「夢おりの郷」取締役会長の南祐和さんが招待。メンバーらは同日、夢おりの郷で泥染めや大島紬の着用を体験し、奄美の文化に親しんだ。

大島紬を着用し記念撮影に応じる澎湖国際青年商会のメンバー=1月28日、龍郷町

ㅤㅤㅤㅤ

両JCは1982年の姉妹会締結以降、交流を続けている。奄美の会員やOBは、昨年7月に澎湖諸島へ訪れ、今年6月にも足を運ぶ予定。澎湖のメンバーが奄美に来島したのは11年ぶりだという。

28日、メンバーらは午前8時ごろ奄美に到着。南さんの自宅で朝食をとった後、夢おりの郷で泥染めと大島紬の着用を体験した。一行は泥田に入り、慣れない手つきながらも丁寧にTシャツを泥染め。続いて4人それぞれが異なる柄の大島紬を着用し、記念撮影を楽しんだ。

南さんは94年、夢おりの郷の中庭にあるアダンを澎湖諸島に植樹。親木となる中庭のアダンを、一行が眺める一幕もあった。

澎湖JCの2023年会長・蘇方蕙(そほうけい)さんは「奄美大島は澎湖諸島と風景が似ていて親近感が湧く。歴史のある特別な文化に触れさせていただきうれしい」と笑顔を見せた。

メンバーらは29日まで滞在。同日は安田壮平奄美市長を表敬するほか、カヌー体験や買い物などをした。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 藍染めに挑戦、カヌーも!~県本土の子どもたちが奄美体験
  2. 体操教室&星空ウォッチング
  3. 奄美のお年寄りの元気の秘訣は?デイサービスや訪問看護
  4. 南海日日新聞:〔写真〕締め工程を体験するツアー参加者=23日、奄美市産業支援センター 大島紬職人体験ツアー 生産者と交流、人材確保目指す
  5. 奄高生が観光客おもてなし 奄フルプロジェクト=島の歴史・文化紹介…
  6. 沖永良部島の全世帯にマスク配布
  7. MBCラジオ「あまみじかん」5月13日(第356回)は…
  8. MBCラジオ「あまみじかん」5月28日(第307回)は…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP