コト

出校日にサプライズ 龍郷町=美大生が小学校で黒板ジャック

武蔵野美術大学(東京都)の学生が美術の楽しさを伝える「黒板ジャック」が8月1日、鹿児島県奄美大島・龍郷町内の小学校2校であった。夏休み期間中の出校日で登校した児童たちは教室に出現したアートに、驚きの表情を浮かべた。

鶏飯と鶏の絵を鑑賞する武蔵野美術大学の学生と大勝小学校の児童=8月1日、龍郷町

ㅤㅤㅤ

黒板ジャックは武蔵野美術大学の「旅するムサビプロジェクト」の活動の一つ。美大生がサプライズで黒板に絵を書くことで、子どもたちの美術への関心を引き出すことを目的としている。今回は大学側からの依頼を町が快諾して実現した。

大学側からは学生6人を含む8人が7月29日に来島。30、31の両日、赤徳小学校と大勝小学校で絵を書き上げた。

大勝小学校(徳永由美子校長、児童138人)では、各学年と特別支援教室計8カ所の黒板にヤドカリやウミガメ、鶏飯など奄美大島を連想させる絵が描かれた。児童の一人は「ウミガメとサンゴ礁がカラフルに描かれていて、きれいでびっくりした」と話した。

大勝小学校は夏休み期間中、黒板の絵を保存する。黒板ジャックのリーダーを務めた武蔵野美術大学芸術文化学科3年のPANG SIJIA(ホウ ツカヨシ)さん(23)は「南国の島を想定して描くことができた。絵を見た子どもたちの笑顔が、今後の創作意欲につながる」と語った。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. MBCラジオ「あまみじかん」11月21日(第230回)は…
  2. 奄美の絶景サンセット3選!夕焼けが美しい秋を楽しもう
  3. 元気な掛け声、全国に 沖永良部島=知名町で初開催、巡回ラジオ体操…
  4. 来月休校の加計呂麻島・秋徳小中学校 姉妹2人の修了式
  5. 奄美でMBCアナウンサー朗読会 奄美でMBCアナウンサー朗読会
  6. サンゴ礁保全へ情報共有 与論島=奄美群島リーフチェックサミット初…
  7. 「アキムチ」復活 伊仙町阿権、ハロウィーン仮装も
  8. 創作絵本「ばあちゃんちのパスポート」を贈呈 奄美市=復帰運動継承…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP