自然

〝白足袋〟クロウサギ現る!奄美大島で福壽さんが撮影

奄美大島中北部の林道で、前足が足袋を履いたように白いアマミノクロウサギが目撃された。奄美市名瀬の高校教諭、福壽辰さん(45)が野生生物の観察中に発見し、撮影した。「最初は初めての発見と思った」と驚いたという。

南海日日新聞【写真】前足が足袋を履いたように白いアマミノクロウサギ=8月27日午前4時40分ごろ、奄美大島(福壽辰さん撮影)

福壽さんは8月27日午前4時半ごろ、車で林道を走行中、道路脇で草を食べているクロウサギを発見し、「すぐに足が白いのに気が付いた」。そっと近づくと逃げなかったので、持っていたスマートフォンのカメラに収めた。クロウサギは左前足が白く覆われ、右前足も爪の周りが白かった。

アマミノクロウサギは奄美大島と徳之島の固有種で、国の特別天然記念物。全身が黒い毛で覆われているのが特徴。体の一部が白いクロウサギは、徳之島で「白足袋」と呼ばれる足先の白い個体が知られている。奄美大島でも頭に白いハチマキを巻いたような個体が撮影されるなど、まれにみられるが、原因はよく分かっていない。

福壽さんは2018年4月に県立大島高校へ赴任。同僚に誘われて夜の森を訪れたことをきっかけに、生き物の観察に出掛けるようになった。「本土では見られない珍しい生き物が身近な森にいる。奄美に住めて幸せです」と話した。

 

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 見てみよう!わきゃ海 龍郷町、海洋教育ダイビング体験
  2. サンゴが産卵 奄美大島大和村沖~ピンクのカプセル、無数に漂う
  3. 奄美野生生物保護センター提供:交通事故防止を呼び掛ける看板を設置した関係者ら=18日、瀬戸内町 クロウサギの事故多発 奄美大島、看板設置で注意喚起
  4. 秋本番、サキシマフヨウ満開 奄美の野山彩る
  5. 奄美・徳之島世界自然遺産~エアラインスタッフの思い~
  6. 希少種ツキヌキオトギリ確認 徳之島=分布南限更新か
  7. 世界自然遺産 登録後の課題は
  8. 幻の「かくれ浜」に上陸!自然が作り出す絶景スポット

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP