【特集】世界自然遺産登録

奄美大島世界遺産センター7月開館~登録1年、節目の記念式典も

 環境省は6月8日、鹿児島県奄美市住用町に整備している「奄美大島世界遺産センター」を7月26日に開館すると発表した。奄美・沖縄の世界自然遺産登録から1年の節目に合わせた。当日は記念式典と地元関係者向けのお披露目会があり、午後3時ごろから一般利用を開始する。

南海日日新聞【写真】7月26日に開館する奄美大島世界遺産センター=8日、奄美市住用町

遺産センターは、世界自然遺産に関する情報発信と環境保全の普及啓発を行う拠点施設。「黒潮の森マングローブパーク」に併設し、木造平屋建ての本館など延べ床面積は約610平方メートル。総事業費は約7億5千万円。2021年8月に着工し、建物は今年3月に完成。現在展示工事を進めている。

南海日日新聞【写真】奄美大島の森の空間を再現した展示室(環境省提供)

展示室は奄美大島の森を再現したジオラマに希少な動植物の模型や剥製を設置。壁一面に季節によって移り変わるシイの森や雲霧林、渓流の風景と息づく生き物の映像を自然の音声とともに映し出す。フィールドを歩いているように、世界遺産の森を疑似体験できる施設となっている。

 開館初日は午前10時から行政関係者らの記念式典と、午後1時半から地元関係者向けのお披露目会があり、記念講演などを予定している。島内5市町村でつくる奄美大島自然保護協議会の記念イベントもある。

 環境省奄美群島国立公園管理事務所の阿部愼太郎所長は「観光客はもちろん、島の方々にも島の自然の素晴らしさを知ってもらいたい。地元の人に愛され、何度も利用してもらえる施設にしていきたい」と話した。

 新型コロナウイルスの感染状況によって開館は延期する場合がある。

 

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 世界自然遺産登録祝う JALが奄美・沖縄特別塗装機 運用始まる
  2. 奄美・沖縄 世界自然遺産 登録決定
  3. ナイトツアー 冬場はナイトツアーが面白い!
  4. 空から探訪!世界自然遺産・奄美
  5. 球根植え、ギネス挑戦 和泊町青年団、1万6千球目指す
  6. 様々な生き物と出会える奄美大島 海の魅力
  7. 登録決定から一夜 奄美、喜びに沸く
  8. 自然遺産登録1ヵ月 観光業=効果実感なく、コロナ後に期待

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP