大島紬

  1. 泥染めや鶏飯作り体験で奄美を満喫!愛かな工房・島泊愛かな

    奄美大島北部、大島紬の発祥地とされる龍郷町に、泥染め体験や鶏飯作り体験もできる工房・お宿・ギャラリーがあります。その名も「愛かな工房」、お宿の名前は「島泊 愛かな」。泥染め体験は工房の裏の田んぼや川を流れる水など、奄美の…

  2. ヒガンザクラとストリートピアノ

    ヒカンザクラ見頃先月25日からの時短要請により、ひっそりとした島内。それでもやはり元気をくれ…

  3. 100人のメッセージ「伊原亮さん」#19

    奄美大島と十島村出身の両親を持つ映像クリエイターの伊原亮さんhttps://youtu.be/p…

  4. 思い思いの模様に染め上げる 奄美高校が泥染め体験

    鹿児島県立奄美高校家政科の恒例行事「泥染め体験」が11日、龍郷町赤尾木の大島紬村であった。生徒18人…

  5. 成人式でも着てみたい 赤木名中、大島紬の着付け体験

    鹿児島県奄美市笠利町の赤木名中学校(森真里子校長)で5日、「本場奄美大島紬着付け体験授業」があった。…

  6. MBCラジオ「あまみじかん」9月12日(第220回)は…

  7. 南海日日新聞〔写真〕「おうちで博物館」に登場するヤツガシラ

    「おうちで博物館」スタート 奄美博物館がSNS配信

  8. 4/22(水)放送 あの日のふるさと『新人さん 大島紬の職人めざして』

  9. 大島紬の写真が銀賞 青山良さん 欧州のコンテストで

  10. MBCラジオ「あまみじかん」第196回は…

  11. 提供:南海日日新聞:バラ科。分布・本州(宮城・山形県)以南。(アマチュア写真家)

    島中を潤わせた樹木 シャリンバイ

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

【特集】世界自然遺産登録を目指して

特集「世界自然遺産登録を目指して」

PAGE TOP