伝統・文化

シマグチよ甦れ 徳之島町=島口・島唄・民舞の祭典、8組が出演

島口(方言)の継承などを目的とした第39回島口・島唄・民舞の祭典(鹿児島県徳之島町教育委員会主催)が6月30日、徳之島町文化会館であった。約200人が来場。島内の出演者8組が島唄や民舞、唄遊びなど、島口を生かしたさまざまな演目を披露した。

島口・島唄の発表と鑑賞の場を提供し、郷土文化の伝承へ向けて関心を高めることなどが目的の恒例行事。大島地区文化協会連絡協議会が定めた「方言の日」(2月18日)に合わせて2月下旬に開催していたが、農繁期が重なることから、2018年からは夏場に開催している。

今年のテーマは「シマグチよ甦(よみがえ)れ。島の心を見直そう」。イベントの趣旨から、来賓の高岡秀規町長と主催者代表の福宏人教育長らも島口であいさつした。ステージには団体、個人など島唄5組、島口1組、民舞2組が出演。音楽教室「ミュージックワイド」の小学生グループは島唄の「朝花節」「国直(くんにょり)よね姉(あご)節」を披露した。

同グループで歌とおはやしを務めた亀津小学校の児童は「緊張して少し間違ってしまったけど、何とかまとめられた」と舞台を振り返り「普段島口を使う機会は少ないけどうまく歌えるために島口の勉強は必要。今後、おじいちゃんに教わっていきたい」と話した。

島唄を披露するミュージックワイドの子どもたち=6月30日、徳之島町

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. シマムニ継承へミニ企画展 和泊町歴民館=「令和版方言かるた」も展…
  2. 40年ぶりに「ハマムチ」 宇検村平田=修学旅行受け入れ実証事業、…
  3. 1978年:龍郷町、西郷隆盛の家を修復 1978年:龍郷町、西郷隆盛の家を修復
  4. 島むにの多様性伝える ~沖永良部の方言絵本「塩一升の運」を出版
  5. 素晴らしき「高倉」の造りとその魅力
  6. まるで外国語。いくつ知ってる?奄美の方言
  7. ススキで頭なで「フデーリ」、喜界町塩道で子どもの成長願いシチャミ…
  8. ショチョガマが完成 龍郷町=ボランティア130人、25日に秋名ア…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP