コト

町のランドマーク完成 沖永良部島・知名町=新庁舎が開庁、町民福祉の向上へ

鹿児島県沖永良部島知名町が瀬利覚に整備した町役場新庁舎で7日、業務開始に伴う開庁式があった。職員や町議会議員、一般町民ら150人余りが参加。今井力夫町長ら代表者がテープカットなどを行い、町政の新たな拠点の開庁と業務開始を祝った。

開庁式は業務開始前の午前8時20分から新庁舎玄関前で開かれ、今井力夫町長が「旧庁舎以上の町民福祉の向上に取り組んでいきたい。この庁舎で新しい町の1ページを町民と共につくっていくことを誓う」とあいさつした。

町議会の福井源乃介議長は「多くの町民が集い、親しみ、利用することで町政の発展、町民福祉の向上、行政サービスの充実等に努め、町のランドマークとなることを確信している」と期待を込めた。

式典後は開庁を心待ちにしていた町民が次々と訪れ、手続きをしたり、庁舎内を見学したりしていた。業務開始に合わせ、手続きのため来庁した堅山金生さん(81)は「新しい庁舎は気持ちがいい。町民のためになる庁舎になってほしい」と笑顔で話した。

新庁舎は2022年着工し、今年3月末に完成した。鉄筋コンクリート造3階建てで延べ面積3033平方メートル。総事業費は約25億9千万円。低炭素社会に向けた取り組みとして、太陽光や自然通風などの自然エネルギーを導入して省エネを推進。従来の建物よりエネルギー消費量を50%以下まで削減した先進建築物「ZEB Ready(ゼブレディ)」となっている。

島内を走る路線バス全5系統は今月1日から、同新庁舎を経由する路線に変更し運行している。

知名町の新庁舎

 

新庁舎開庁を祝い、テープカットする今井力夫町長(中央)ら=7日、知名町

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. MBCラジオ「あまみじかん」3月11日(第347回)は…
  2. MBCラジオ「あまみじかん」5月13日(第356回)は…
  3. MBCラジオ「あまみじかん」2月24日(第397回)は…
  4. 奄美最高峰、湯湾岳に雪 写真家の浜田さん、夜明け前に撮影
  5. 魅力つくり島から発信 「まるごと奄美」=地元開催、郷土料理や伝統…
  6. 奄美大島いきものがたり
  7. 高さ”九州一”の滝を初確認 世界自然遺産の島・奄美 「名前はまだ…
  8. MBCラジオ「あまみじかん」9月16日(第374回)は…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP