コト

島内安寧願い奉納 与論十五夜踊、クラスター後初の祭り

国の重要無形民俗文化財「与論十五夜踊」が旧暦10月15日に当たる11月29日、鹿児島県与論町の地主(とこぬし)神社境内で奉納された。今月上旬に確認された新型コロナウイルス感染症2例目のクラスター(感染者集団)発生後、初の祭り。関係者らで時間を短縮して行い、島の安寧や五穀豊穣(ほうじょう)を願った。

言い伝えによると、与論十五夜踊は1561(永禄4)年、与論領主が島民慰安のために創(つく)らせたのが始まりとされる。踊りは1番組と2番組で構成され、室町時代の狂言風の舞踊や、琉球風の舞踊が見られる。毎年旧暦3、8、10月の各15日に奉納される。

この日は、踊り手合同の「雨賜(あみたぼ)り」の後、「一度いふて」(二番組)と「三者囃子(さんばすう)」(一番組)を交互に踊り、奉納した。

祭主の山元宗町長はあいさつで「今年、島では新型コロナのクラスターが2回発生し大変な影響を受けたが、こうして十五夜踊ができることを心より喜び感謝したい。島中安穏、五穀豊穣を祈り、疫病を退散させるその意において、踊りによって新型コロナが退散し、ますますわが島が発展していくように、心を一つに皆で頑張っていきたい」と力を込めた。

南海日日新聞南海日日新聞〔写真〕一番組が奉納した「三者囃子」=11月29日、与論町の地主神社

南海日日新聞〔写真〕一番組が奉納した「三者囃子」=11月29日、与論町の地主神社


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 「世界自然遺産推進共同体」知事に活動実績・計画を報告
  2. 響かぬチヂン、静かな秋 コロナで伝統行事軒並み中止、「本質考える…
  3. 減少傾向が続くリュウキュウアユ 減少傾向続くリュウキュウアユ 奄美大島、例年下回る
  4. 奄美の森の「モダマ」
  5. クイズで学ぶ世界自然遺産 オンライン子ども講座
  6. 世界自然遺産の山々の麓で賑わう「三太郎の里」
  7. 島々の魅力、東京で発信 ANAグループが奄美フェア
  8. 大島紬の「奄美ウエア」伝統工芸士会、産地PRに一役 大島紬の「奄美ウエア」伝統工芸士会、産地PRに一役

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP