コト

思い思いの模様に染め上げる 奄美高校が泥染め体験

鹿児島県立奄美高校家政科の恒例行事「泥染め体験」が11日、龍郷町赤尾木の大島紬村であった。生徒18人が染め作業を体験。持参した布を思い思いの模様に染め上げた。制作した作品は来年に生徒らが実施する奄美高校レストランで小物として使用し、大島紬のPRに役立てる。

泥染め体験は地域協働推進事業の一環。奄美大島の伝統文化である本場奄美大島紬への関心を高め、継承していくことの大切さを知る目的で毎年実施している。生徒らは持参した布に輪ゴムを縛り付けて模様を染め抜けるように加工した後、大島紬の特徴である泥染めの作業に挑戦した。

素足で泥田に漬かりながら中腰で行う作業は、若い生徒たちでも四苦八苦。出来上がった模様も狙い通りのものから予想外のものまでさまざまだったが、手作りで唯一無二の染め上がりに皆笑顔を見せていた。

指導した泥染職人の平勝也さん(70)は「泥染めは1300年の歴史を持つ大島紬の最大の特徴。奄美の宝物である大島紬のことを知ってもらい、大人になってから紬の伝統を守ってくれたらうれしい」と生徒たちへ思いを述べた。

泥染め体験は保育園の時以来という生徒は「イメージ通りに染められなかったけど、なかなか味のあるデザインになった。体験してみて改めて大島紬の工程の複雑さが分かった。きょう作った布はテーブルクロスに加工するので、来年の奄美高校レストランにはぜひ足を運んでほしい」と話した。

南海日日新聞〔写真〕見事な染め上がりに笑顔を見せる奄美高校の生徒=11日、大島紬村

南海日日新聞〔写真〕見事な染め上がりに笑顔を見せる奄美高校の生徒=11日、大島紬村


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. MBCラジオ「あまみじかん」11月28日(第231回)は…
  2. MBCラジオ「あまみじかん」11月14日(第229回)は…
  3. 休校延長、判断分かれる 新型コロナ対策、奄美の小中学校
  4. 遊歩道など園地の再整備を予定している田皆岬 国立公園・田皆岬再整備へ 遊歩道、展望デッキも計画
  5. 沖永良部島 ”島立ち”の春
  6. 会えなくても音楽でつながる~大高吹奏楽部リモート演奏会
  7. 南海日日新聞〔写真〕墓前で酒席を囲む人々=16日、知名町田皆 先祖と共に新年祝う 沖永良部島、親族集い墓正月
  8. 奄美大島に一足早い“春” ヒカンザクラ開花

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP