グルメ

漁師さんに聞いた、おいしい伊勢海老の獲り方

高級食材の伊勢海老。お刺身、ボイル、お味噌汁ととっても美味しいですよね。奄美では産卵期を除いた8月21日から翌年の4月30日まで伊勢海老漁が解禁になり、漁師さんたちはこぞって漁にでかけ、美味しい伊勢海老を獲ってきてくれます。

しかし、あのトゲトゲした伊勢海老をどうやって捕獲しているのでしょうか。今回は、漁師さんにどうやって伊勢海老を獲っているのか聞いてみました。

取材させていただいたのは、陽天丸の船長である中村一生さん。
「伊勢海老は、夜真っ暗な海で素潜りをして獲ります。腕につけたライトが照らす場所以外は闇なので、何かいたらどうしよう……とは考えないようにしています! サメも怖いけど、ダツが一番怖いです。光に驚いて突進してくるので、何回も当たったことがあります」
夜の海の中は想像するだけでも怖くなります。

「基本2〜3人で漁に行きます。サンゴ礁周辺の5〜10メートルくらい潜ったところに伊勢海老は生息していて、たくさんいる時もあるし、全然いない時もあります。エビがいっぱいいる場所を見つけたらテンションが上がりますね〜」
伊勢海老を見つけたらエビバサミといわれるハサミで挟み、海上に浮上して、浮かべているカゴに入れるそうです。一晩で多くて30匹も獲ったことがあるとか。

主に市場に卸していますが、最近は漁の成果をSNSにアップしていたら、そこから注文がくるようにもなったそうです。伊勢海老の他にも昼間はサンゴひしめく美しい海で魚、タコ、イカ、サザエ、夜光貝なども獲っているそうなので、ぜひSNSをのぞいてみてくださいね。
Instagram @1sayebi

さて、中村さんに漁師の魅力を聞いてみました。
中村さんは奄美市名瀬で育ちました。独立したいと思い漁師になって3年ですが、子どもの頃から海に潜って遊んでいたため、すでに素潜りのスキルがあり、すぐに食べていけるようになりました。趣味のサーフィンも好きな時間に行けるから、こんな自由な職業はないと思っているそうです。

中村さんが行なっている素潜りは、昔ながらのとてもシンプルな漁法ですが、とても自由で、奄美の美しい海と共に生活する素敵な職業だと思いました。そして、生まれながらにこの豊かな自然を享受できる島人は、なんて幸せなのだろうと気づくことができました。

さて、伊勢海老漁の解禁日は8月21日です。今年は伊勢海老の味が格別おいしく感じられそうです。


陽天丸
船長 中村一生
電話 070-8420-3698

㈱しーま 編集部ライター 三田もも子

投稿者の記事一覧

新潟県十日町市生まれ。地方紙記者、農業、バックパッカーなどを経て、旅行雑誌や旅ガイドシリーズの編集に携わる。
同時に、野外フェスの企画運営や、NPO法人で海外教育支援、震災復興支援を行う。2016年4月から奄美大島に移住。
奄美の文化を紹介する「ワンダーアマミ」を定期発刊。ブラジリアン柔術と秋田犬が好き。

関連記事

  1. ナイトツアーの増加で野生生物への影響が懸念される三太郎峠=3月、奄美市住用町 三太郎線、利用ルール導入へ
  2. あまみじかん 100人のメッセージ「里アンナさん」 100人のメッセージ「里アンナさん」#1
  3. 023 卒業前に親子相撲 朝日相撲少年団、母親も参加
  4. 龍郷町産のコーヒー
  5. 亀じゃない、貝でもない! 謎のカメノテを食べてみる
  6. 南海日日新聞〔写真〕瀬戸内町加計呂麻島のアシャゲ(県教育委員会提供) 県文化財指定へ 加計呂麻のアシャゲ、中甫洞穴の出土品
  7. 一進一退の攻防が繰り広げられた全島一優勝旗争奪戦(左が新王者の牛若赤丸)=3日、伊仙町なくさみ館 新王者は牛若赤丸 徳之島、新春恒例の全島一闘牛大会
  8. 南海日日新聞〔写真〕受賞作「きみに染まる」のヒロイン(集英社提供) 17歳が「りぼん」デビュー 奄美の女子高生、虹沢さん

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP