コト

【ポッドキャストで配信中!】MBC開局70周年特別番組ラジオドラマ『朝はあけたり~決死の密航 奄美日本復帰を伝えた男たち』

【本番組はポッドキャストで配信中!ページ最下部よりご視聴ください】

MBC開局70周年特別番組ラジオドラマ
『朝はあけたり~決死の密航 奄美日本復帰を伝えた男たち』

1953年10月10日、鹿児島で初めての民放ラジオ「ラジオ南日本」として産声を上げたMBC南日本放送の70年は、奄美群島日本復帰70年の歴史と重なる。

終戦後の1946年2月、奄美群島は米軍の統治下に置かれ日本本土への渡航が自由にできなくなり、基幹産業である黒糖や大島紬などの販路も失われて群島住民の生活は困窮した。日本復帰を強く願った住民は、一丸となって署名活動や断食活動を行い、1953年12月25日、ついに奄美群島の日本復帰が果たされた。

MBCはまだ開局して2か月ほどだったが、8年間の米軍統治から解放された復帰の日の喜びをいち早く伝えたいと、当時の局員2人が奄美に渡って復帰当日の記念祝賀会を生中継し、さらにその模様は全国にも中継放送された。

当時の人々の喜びの声、そして使命感を持って報道にあたった2人の局員の想いを届けようとラジオドラマを制作。本格的な制作は23年ぶりとなる。MBCの資料室に残されている70年前の音源や資料を基に奄美での取材も経て、鹿児島出身で日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞の飯田健三郎さんが脚本を書き上げ、同じく鹿児島出身の竪山博之さんが演出を手掛けた。

そして、奄美にルーツがある恵俊彰さん、奄美で役者を志した迫田孝也さんが当時の局員を演じ、奄美の唄者・元ちとせさんが語りを担当。鹿児島で活動する役者やMBCアナウンサーも出演している。

70年前に復帰祝賀式典で歌われた復帰の歌「朝はあけたり」をタイトルにし、当時の音声や証言も綴りながら、奄美群島の歴史や先人たちの想いを未来に語り継ぐ60分。

▼本番組のご視聴はこちらから

WEBサイト「あまみじかん」

投稿者の記事一覧

WEBサイト『あまみじかん』豊かな自然、独特の文化、そして温かく熱い島の人々と、島外の人々との繋がりを紡ぐ。奄美群島全体の価値と魅力を発信するサイトです。

関連記事

  1. 島暮らし体験ツアー企画 龍郷町、大学生が郷土料理作り
  2. MBCラジオ「あまみじかん」第103回は…
  3. 鯨ウオッチ、通年開催へ 海洋生物研、奄美の可能性探る
  4. 南海日日新聞〔写真〕一番組が奉納した「三者囃子」=7日、地主神社 嶋中安穏、豊穣願う 与論十五夜踊、コロナ鎮静化も祈願
  5. ターコイズブルーに輝く手安の浅瀬=瀬戸内町 きらめく「青」真夏の海、人々の心癒やす 奄美大島
  6. 猛暑、ウナギもへとへと 奄美市名瀬、「慈雨頼む」
  7. 寒に耐え春を待つ 奄美大島=リュウキュウアサギマダラが集団越冬
  8. アマミノクロウサギ 保護・観光の両立を 大和村で施設整備へ

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP