コト

冬キャンプで奄美の自然を楽しもう!

奄美大島にも、本土ほどではないにしろ、冬の寒さがやって来ます。
そんな時期におすすめしたいアクティビティといえば、キャンプ!

キャンプは夏にするイメージがあるかもしれませんが、実は冬のキャンプならではの魅力もたくさんあるんです。
奄美のうっとりするほどきれいな海辺で、冬キャンプにチャレンジしてみませんか?

まずは浜にテントを設営

キャンプ場の砂浜に着いたら、テントを張る場所を決めるところからスタート!

サラサラした砂浜ではペグ(テントを張るときに使う杭)が使いにくい場合もあるので、落ちている太めの枝や流木なども活用しましょう。

キャンプの際は、寝床になるテントの他にリビングスペースになる大きなテントやタープなどもあると、より心地よく過ごせますよ。

海が目の前に見える場所に、今回のリビングになるテントを設置できました!

冬はあたたかい料理やドリンクが最高!

冬キャンプの魅力のひとつは、あたたかいご飯やドリンクが一段と美味しく感じること。
ほっこりと湯気が立つ料理のあたたかさが身体に染み渡り、思わず「幸せ…」の一言が口からこぼれます。

この日は炭で火をおこし、みんなで野菜や魚介を切って、具沢山のパエリヤをいただきました!

ドリンクもホットでいただきます。
星空の下、海辺で飲むだけで、お湯を沸かしただけのインスタントコーヒーやお茶でも、特別なドリンクに!

せっかくのキャンプですから、お酒もホットで楽しみたいところ。
ワインにシナモンやクローブなどのスパイス、カットしたみかんやレモンなどを入れて温めればホットワインの完成です。

大自然を目の前に、ご飯やドリンクを心ゆくまで楽しむひと時です。

焚き火の美しさにうっとり

冬キャンプでは焚き火もよりいっそう魅力的に。
火のあたたかさがジーンと身体にいきわたるのはもちろん、炎がゆらぐ美しさにもうっとりしてしまいます。

キャンプ場によっては直接地面で焚き火をしてはいけない場合もあるので、必要なら焚き火台を持参しましょう。

朝起きるとこの景色!

テントで夜を過ごしたら、起床後テントから出てすぐに自然たっぷりの景色を満喫できるのもキャンプの醍醐味です。

穏やかで美しい奄美の海を眺めながら、ゆっくりコーヒーを飲んだり、簡単な朝食を作って食べたり。
忙しい日々ではできない、ヨガや瞑想などをするのもいいですよね。

奄美大島の冬は、晴れの日を選べば比較的あたたかく、キャンプで嫌われる虫も少ない季節。
澄んだ空気の中、夕日や星空を贅沢に眺めながら、美しい焚き火や美味しい料理で冬キャンプの楽しい時間を過ごしてみてくださいね。

㈱しーま 編集部ライター 藤原志帆

投稿者の記事一覧

大阪大学外国語学部卒業。在学中チリ、スペイン、アメリカに留学し、中南米の6カ国28都市をバックパッカーとして周遊。その後新卒で不動産広告のITベンチャー企業に就職し、トップセールスを獲得する。TOEIC865点、スペイン語検定4級取得。現在は美しい海に憧れて奄美大島に移住し、フリーライター、通訳士(スペイン語・英語)、アフリカンダンサー、予備校など多方面で活動中。地酒の黒糖焼酎が大のお気に入り。

■「奄美群島情報サイトしーまブログ」https://amamin.jp/

関連記事

  1. 大島ナイン、聖地へ出発 奄美空港=航空3社が激励会
  2. 秋深まる森に開花 奄美大島、絶滅危惧種ひっそりと
  3. 南海日日新聞〔写真〕墓前で酒席を囲む人々=16日、知名町田皆 先祖と共に新年祝う 沖永良部島、親族集い墓正月
  4. MBCラジオ「あまみじかん」5月29日(第256回)は…
  5. 奄美の方言を唄い継ぐ~わらべシマ唄大会
  6. 大島紬の「奄美ウエア」伝統工芸士会、産地PRに一役 大島紬の「奄美ウエア」伝統工芸士会、産地PRに一役
  7. MBCラジオ「あまみじかん」4月10日(第249回)は…
  8. ナイトツアーの実証実験 鹿児島県奄美市

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP