コト

陸上からクジラウオッチング 知名町公民館で2頭撮影

沖永良部島にザトウクジラ

南海日日新聞〔写真〕尾びれを海面に出す2頭のザトウクジラ=22日、知名町知名の沖合(前利潔さん撮影)

南海日日新聞〔写真〕尾びれを海面に出す2頭のザトウクジラ=22日、知名町知名の沖合(前利潔さん撮影)

1月に入り、鹿児島県の沖永良部島沖合を回遊するクジラが島内で頻繁に確認されている。22日は知名町中央公民館の前利潔館長が、同公民館の窓から見渡せる海面で2頭のザトウクジラを見つけ、撮影に成功した。

同日は午前9時すぎから30分ほど姿を見せた。陸から200~300メートルほど沖合で、2頭はしばらく背中や尾びれを海面に出したり、潮吹きをしたりしたという。

同公民館の沖合は主に1~2月にかけてクジラの目撃例が増える。近くには「クジラが見える学校」として知られる知名小学校やホテルなどがあり、児童や観光客もクジラを見ることがある。

ザトウクジラは冬場、繁殖や子育てのため奄美や沖縄海域に現れるとされる。前利さんは「22日は陸から比較的近い位置で見えたのでカメラを構えた。今年は気付いただけで少なくとも3回は公民館沖に現れた。また見られるかもね」と話していた。
 


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 「見つけたら逃げて」 緑が丘小学校、ハブの生態学ぶ
  2. サンゴの白化確認 海水温高く、広がり懸念 奄美大島
  3. 観光に電動キックボード活用 与論島、実証実験始まる
  4. 脱、コロナ疲れ。大好きな唄で繋げ100人リレー! 脱、コロナ疲れ。大好きな唄で繋げ100人リレー!
  5. 名瀬港 異動する教職員との別れ 新型コロナの影響も
  6. 奄美の絶景サンセット3選!夕焼けが美しい秋を楽しもう
  7. 奄美の自然
  8. 児童がサンゴ石垣修復 早町小、島ならではの伝統実感

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP