コト

手押しカートで日本一周挑戦 京都市の舞原さん=奄美来島、12年前はツーリングで

「いやー、楽しいですよ!あの岬を越えたらどんな景色が見えるのかなとか、この坂を登れば少しでも強くなれるとか。そんなことばかり考えて歩いています」。屈託のない笑顔で語るのは、京都市の舞原満博さん(72)。鹿児島県奄美群島を「ピッチャン」と名付けた手押しカートと共に回っている。昨年4月から続く、徒歩での単独日本一周の旅の途中だ。2月6日に徳之島からフェリーで奄美大島入り。加計呂麻島や請島、与路島を経由し、10日ほどかけ奄美大島を一周する予定。

時代劇ドラマ「子連れ狼」の主題歌から名付けた手押しカート「ピッチャン」と共に旅する舞原満博さん=2月8日、龍郷町安木屋場

ㅤㅤㅤㅤ

舞原さんは肝属郡錦江町(旧田代町)出身で、京都府で大型バイクの販売・改造を手掛けていた。2011~12年には排気量1800ccの大型バイクを改造した「トライク」と呼ばれる三輪バイクで日本各地を巡り、奄美群島も訪れた。奄美では珍しい大型トライクは各地で注目の的となり、南海日日新聞社も当時、徳之島町でツーリング中の舞原さんを取材した。

69歳で脳梗塞を患い入院。「80歳になった時、この体では歩けない」と一念発起し、退院後に自転車で体力を培った。京都から鹿児島まで10日間、自転車で走り抜いたことで自信をつけ、徒歩での日本一周を決意。沖縄県宮古島に暮らす娘のもとで4カ月間トレーニングし、昨年4月19日、テントや着替えなど約30キロの荷物を載せた「ピッチャン」と共に京都市の自宅を出発した。

瀬戸内海沿いに中国地方を西へ進み、長崎県の五島列島や錦江町の実家を経由し九州を一周。さらに四国一周後、日本海側へ渡り北上。石川県からは南下し岐阜、愛知と順調に進んでいたが、10月下旬に和歌山県白浜市でピッチャンが故障。京都へ戻り2代目ピッチャンを手配し、11月8日に宮古島で再スタートを切った。

大型バイクを改造した「トライク」でツーリング中の舞原満博さん(当時60)=2012年1月11日、徳之島町

冬場は沖縄の島々を巡り、1月29日にフェリーで与論島入り。沖永良部島、徳之島の各島一周を経て6日、奄美大島に到着した。

「何があっても、絶対に諦めない」と自身の心に誓った旅。1日平均の歩行距離は約30キロで、疲労による足の痛みに苦しんだ日もあったが、ほぼ毎日歩き続け、8日時点での総距離は約6900キロに達した。スマートフォン片手にインスタグラムで旅の経路や地元の人たちとの触れ合いも投稿している。

「年齢を言い訳にしたくない。何歳になってもコツコツと努力すれば、どんなこともできる。そう多くの人たちに伝えたい」と笑顔で語る舞原さん。奄美大島と喜界島を回った後は、トカラ列島へ向かう計画。「全部で2万キロくらいになりそうかな。妻や家族には感謝しています」と少し照れた様子で話した。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 大和小で、日本復帰・先人の偉業を学ぶ特別授業
  2. 成人式でも着てみたい 赤木名中、大島紬の着付け体験
  3. ロケットの一部か? 大和村戸円=ヒエン浜、謎の巨大金属片が漂着
  4. 野鳥の楽園、奄美大島 龍郷町子ども博物学士=サシバやカワセミも観…
  5. コクトくん年始から躍動! 奄美市公式キャラクター、今年の干支「飛…
  6. MBCラジオ「あまみじかん」11月21日(第230回)は…
  7. MBCラジオ「あまみじかん」1月27日(第393回)は…
  8. MBCラジオ「あまみじかん」11月7日(第228回)は…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP