コト

水面に現れた巨体に歓声 奄美大島=ホエールウオッチングに園児招待

奄美クジラ・イルカ協会(興克樹会長)は1月8日、鹿児島県奄美市名瀬の園児らを招待してホエールウオッチング体験ツアーを開いた。名瀬信愛幼稚園の園児と保護者ら42人が参加し、同市名瀬の沖合でザトウクジラを観察。船のすぐそばで水しぶきを上げて浮上、潜水する場面もあり、参加者は迫力満点の〝クジラショー〟に大歓声を上げた。

水面に浮上したザトウクジラに歓声を上げる園児ら=1月8日、奄美大島沖

ㅤㅤㅤㅤ

住民向けの無料体験ツアーは地域貢献活動の一環。奄美近海に来遊し繁殖するクジラを身近に感じてもらおうと、観光客向けのホエールウオッチングツアーの開始時期に合わせて実施している。

ザトウクジラは成体の体長約12~15メートル、体重約30トン。冬季にロシア周辺海域から奄美近海に来遊し、繁殖や子育てのため数十日間滞在する。出現数のピークは例年2月中旬。今シーズンの来遊は昨年11月24日に初めて確認され、1月8日までに計52頭を観察した。

8日のツアーは、午前9時に奄美市名瀬の小湊漁港を出港。3時間ほどクジラを探したが見つからず、港に戻る途中に小湊沖でようやくクジラのブロウ(潮吹き)を発見した。少々疲れ気味だった園児たちも元気を取り戻し、海面に大きなクジラの背中が現れると歓声を上げ喜んでいた。

参加した園児は「初めて見たクジラはすごかった」と感想。園児の母親も「ザトウクジラが奄美の海で子育てをするのは知っていたが、実際に目の前にすると感動的だった。きょうは天候も良かったのでいいタイミングで見ることができた」と話していた。

観察シーズンを迎え、観光客にも好評のホエールウオッチング=1月8日、奄美大島沖

ㅤㅤㅤㅤㅤ

同協会によると、昨シーズン(2022年12月~23年4月ごろ)の奄美大島周辺海域でのザトウクジラ出現頭数は1699頭。興会長は「今シーズンも出産直後と思われる親子を確認しており、昨年奄美近海で生まれた1歳クジラたちも6頭ほど見られた。個体数の回復を感じられ、今後が楽しみ」と語った。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 瀬戸内町で、こども世界自然遺産講座  奄美の宝、みんなで守ろう
  2. 「ひんじゃ~」奄美をPR、六調も披露 ゆるキャラGP
  3. 青春の思い出胸に刻む 奄美大島3高校体育祭=綱引き、大縄跳び、八…
  4. 奄美の自然を次世代に 世界自然遺産登録を祝う記念式典
  5. 奄美で働く魅力、動画で発信 県大島支庁=U・Iターン者にインタビ…
  6. 秋深まる森に開花 奄美大島、絶滅危惧種ひっそりと
  7. 持続可能な島づくりへ 与論で未来フェス=環境や食、農、教育で講演…
  8. アダンの林を取り戻そう

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP