コト

奄美の歴史、アマチュア無線で発信 日本復帰70周年で特別局、コールサインは「8J670FUK」

日本アマチュア無線連盟鹿児島県支部は11月19日~12月25日、奄美群島日本復帰70周年を記念した特別局を開局した。「70周年」「復帰」にちなんだ「8J670FUK」のコールサインで運用。うち奄美群島では奄美市、龍郷町、喜界町、和泊町で約3週間、計12局が参加し、奄美群島が米軍統治下に置かれていた歴史や日本復帰70周年の喜びを島内外に発信した。

奄美群島日本復帰70周年を記念し、特別局を運用する山下元達さん=12月17日、和泊町(山下さん提供)

ㅤㅤㅤㅤ

アマチュア無線は営利・商用を目的とせず、あくまでも個人的な趣味や興味の範囲で行われる無線通信。運用には国家試験による無線従事者免許の取得が必要となる。

同支部奄美地区担当の勇俊樹さん(74)=奄美市=によると、奄美地区は11月19~24日、12月11~25日の期間に運用。全国各地の無線愛好家と交信しつつ、戦後8年間の米軍統治下時代の島民の苦労などを伝えたという。

和泊町の山下元達さん(69)は12月17、18の両日運用し、約160人と交信。「電波状況が悪く途切れてしまうこともあったが、奄美の歴史を多くの人に知ってもらうことができた」と充実した様子だった。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. MBCラジオ「あまみじかん」11月20日(第280回)は…
  2. 片岡愛之助さん、徳之島観光大使に ルーツの地「世界に魅力発信した…
  3. 与論町 国際観光映像祭 2位受賞
  4. 新たなツアーコース造成へ 奄美大島=エコツアーガイドが研修会
  5. 過ごしやすい学校へ校則見直し 奄美も変化、制服の選択など多様性尊…
  6. 亀じゃない、貝でもない! 謎のカメノテを食べてみる
  7. MBCラジオ「あまみじかん」4月2日(第299回)は…
  8. 漂着軽石を土壌改良に 伊仙町の珈琲園、厄介者を活用

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP