コト

わが家の客はクロウサギ 天城町=当部集落で撮影、写真展示

写真展「わが家の客はクロウサギ」が6月5日、鹿児島県徳之島・天城町の役場1階ホールで始まった。同町当部集落の人家近くで撮影されたアマミノクロウサギの写真を複数展示。人間の生活圏と世界自然遺産エリアが密接する徳之島の特徴を象徴する内容となっている。同日開かれたオープニングセレモニーで撮影者ののせたかこさん(47)は「身近に希少野生動物がいる当部の豊かさを知ってもらいたい」と話した。

展示作品の前で来場を呼び掛けるのせたかこさん(左)と天城町の森田弘光町長=6月5日、天城町役場

ㅤㅤㅤ

写真展は「環境の日」(6月5日)に合わせて開催した。のせさんは東京都出身で地域おこし協力隊として2017年に天城町に移住。20年から当部集落で暮らし始めた。現在、自然観察会や各種体験活動を行う「森と海の藝術楽校」を主宰し、町から委託を受けてアマミノクロウサギの生息調査を実施した。

展示作品は調査の中で撮影した写真。当部集落の民家の庭先に現れ、庭の植物を食べたり、毛づくろいしたりするアマミノクロウサギをとらえた写真のほか、集落付近で確認されたアマミノクロウサギのふんや毛なども展示している。

のせさんは「身近にクロウサギがいてうれしく感じた一方、食害などの被害があることも事実」と課題も挙げ、「かわいいと思うだけでなく、希少な自然とどう共生していくかを真剣に考えるきっかけにしてもらいたい」と話した。

セレモニーに出席した森田弘光町長は「環境の日にふさわしい写真展が開催できて町としても誇らしい」と笑顔を見せ、「多くの人に来場してもらい、世界自然遺産の意味や今後の徳之島について考える機会にしてもらえたら」と期待した。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. リーフ歩いて生き物探し 沖永良部島=サンゴ観察会、地元の小中学生…
  2. カワウ対策を強化 リュウキュウアユ保全、 食害を懸念
  3. 「野茶坊焼守り広げたい」 ALT、陶芸学び帰国
  4. 泉芳朗、未発表作品を書籍化 奄美市の書店=復帰運動けん引、人間性…
  5. 8/1サプライズ花火・奄美ドキュメント
  6. MBCラジオ「あまみじかん」5月29日(第256回)は…
  7. 観光客にも人気! みんなの拠り所「味の郷かさり」
  8. 「子宝の島」で命育む  徳之島で勝廣光さん=双子クロウサギを撮影…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP