イベント

盛況!「エイエイオー祭」 徳之島=地域おこしイベント、若者有志が企画

鹿児島県徳之島の高校生や若手有志が中心となって初めて企画した地域おこしイベント「天城エイエイオー祭」が9月10日、天城町総合運動公園多目的広場であった。飲食、雑貨など30店以上の出店があったほか、特設ステージでは地元ダンスチームやミュージシャンが出演。会場は約4千人の来場客でにぎわった。

行列待ちができた天城エイエイオー祭の飲食ブース=9月10日、天城町浅間

ㅤㅤㅤ

「若者が活躍できる場の創設」を目的に島内の有志、高校生が協力して開催。島内人気飲食店のほか、同町で職員研修を実施している焼き肉店「龍の巣」(本社大阪市)も出店。ホルモン焼きやかすうどんなど同店の名物メニューは行列待ちが出る人気だった。

イベントのために同店グループや関連企業から約150人が来島。同店の畑博貴代表(51)は「われわれ飲食業の役割は食べてもらった人に元気になってもらうこと。イベントを通して若いスタッフや地元の高校生に仕事の楽しさを知ってもらいたい」と話した。

友人らとアイスクリームを販売した樟南第二高校の生徒は「飲食業でアルバイトを始めたので経験を積みたいと思ってイベントに申し込んだ。いろいろとトラブルもあるが仲間たちと一緒に貴重な体験ができた」と笑顔を見せた。

会場での売買はイベント内通貨チケット「1アマギ」(200円)を使用。10枚1セット2000円で販売し、約780万円の売り上げがあった。イベントの趣旨から樟南第二高と町教育委員会に計110万円を寄贈した。

主催者代表の麓正高さん(44)=同町松原=は「初開催だったが多くの協力のおかげで上々のスタートが切れた。島の高校生、子どもたちの応援のためにイベントを継続していきたい」と意欲を語った。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 西郷どんと力くらべ!西郷隆盛謫居跡で徳之島の歴史を紐解く
  2. MBCラジオ「あまみじかん」6月25日(第311回)は…
  3. 映画監督が演技指導! アマミシネマフェス=未経験者もアドリブに挑…
  4. MBCラジオ「あまみじかん」9月3日(第321回)は…
  5. 『かごしま4』に、奄美テレビの二人が登場! 『かごしま4』に、奄美テレビの二人が登場!
  6. 大浜サマーフェスティバル2020~奄チュアミュージックの祭典~
  7. MBCラジオ「あまみじかん」4月15日(第352回)は…
  8. 1月19日「島サバクリエイティブGCD-ガシド-」開催 1月19日「島サバクリエイティブGCD-ガシド-」開催

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP