コト

「自由に遊べる広場を」 伊仙町子ども議会=児童生徒20人が一般質問

鹿児島県徳之島の伊仙町で8月29日、2023年度町子ども議会が同町役場の議場であった。町内の小中11校から20人の児童生徒が「1日議員」として一般質問を展開。通学路の改善やごみ削減、観光振興、少子高齢化対策などさまざまな分野で町当局に要望や提言をぶつけた。

子どもの視点でさまざまな要望や提言が飛び出した伊仙町子ども議会=8月29日、伊仙町議会本会議場

ㅤㅤㅤ

子ども議会は、町の未来を担う児童生徒に、町の現状や未来について質問や提言をしてもらい、町民の一員である自覚を持たせるのが目的。町教委が夏休みの恒例行事として開催している。

小中学生はパソコンやタブレット端末を駆使して、図や写真などを効果的に用いて大久保明町長や担当課長らに質問。伊仙小6年の中村心咲さんは、同学年児童を対象にしたアンケート調査の結果を紹介した上で、「下校後にボール遊びできる場所がない。身近な場所に子どもたちが自由に遊べる広場を整備して」と要望した。

議長を務めた面縄小6年の米田詩妥さんは「同年代の子どもたちがいろいろな質問を用意してきたことや、役場の人たちがどんな質問にも細かく答えていたことに感心した。大変だったけど無事に議会が終わって達成感を感じている」と笑顔で語った。

閉会後のあいさつで伊仙町議会の前徹志議長は「大人顔負けの質問や提案も多かった。皆さんの意見が無駄にならないように私たち大人の議員も今後頑張っていきたい」と述べた。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 土木フェスタ in あまみ
  2. MBCラジオ「あまみじかん」2月5日(第291回)は…
  3. MBCラジオ「あまみじかん」10月17日(第225回)は…
  4. アマミノクロウサギ 保護・観光の両立を 大和村で施設整備へ
  5. 自衛官としての決意新たに 奄美駐屯地で「二十歳の式典」
  6. 笠利小児童が伝統の八月踊り 群島各地で運動会=「スポーツの秋」満…
  7. 次は私たちが奄美を守る 高校生が「復帰」授業―地元学生団体が奄美…
  8. MBCラジオ「あまみじかん」9月16日(第374回)は…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP