コト

西郷どんの遺徳しのぶ 没後143年、例祭も 和泊町

西郷隆盛の没後143年を迎えた24日、和泊西郷南洲顕彰会(逆瀬川勝久会長)は鹿児島県沖永良部島・和泊町の南洲神社で「西郷南洲翁を偲(しの)ぶ会」を開いた。同会のメンバー約40人が参列し、その遺徳をしのんだ。

西郷は1862年、薩摩藩の最高権力者だった島津久光の怒りに触れ、沖永良部島に流された。島では牢生活を送りながら子どもたちに学問を教え、後の農業共済制度につながる社倉法を伝えるなど、島の人々の生活に大きな影響を与えたとされる。

同顕彰会は西郷没後100年の1977年を機に発足し、和泊町を中心に活動を継続。偲ぶ会をはじめ、講演会や町内の小学生への郷土教育などを行い、西郷の遺徳を後世に伝えている。

同日は午後6時から同神社で例祭を行った後、西郷南洲記念館で懇親会を開き、親睦を深めた。

逆瀬川会長(78)は「西郷さんの敬天愛人の思想を継承していくため、今後も活動を続けたい」と語った。

南海日日新聞〔写真〕約40人が参列した偲ぶ会の例祭=24日、和泊町の南洲神社

南海日日新聞〔写真〕約40人が参列した偲ぶ会の例祭=24日、和泊町の南洲神社


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. カムィヤキの森再整備へ 徳之島虹の会、エコツアーも
  2. 季節外れのサクラ 奄美市名瀬、台風10号の影響か
  3. 阿権小児童が島っ子ガイド 集落魅力、たっぷり紹介
  4. 海プロ「うみぽす」与論町の里山さんグランプリ受賞! 海プロ「うみぽす」与論町の里山さんグランプリ受賞!
  5. 南海日日新聞〔写真〕墓前で酒席を囲む人々=16日、知名町田皆 先祖と共に新年祝う 沖永良部島、親族集い墓正月
  6. 迷鳥、カナダヅル飛来 奄美大島、「温かく見守って」
  7. 南海日日新聞〔写真〕徳之島最大の観光イベントとなっている闘牛大会 闘牛大会、初の中止決定 徳之島、新型コロナ対策で
  8. ピーチ・アビエーション 関西−奄美線が就航 ピーチ・アビエーション 関西−奄美線が就航

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP