コト

古仁屋中相撲部凱旋 優勝旗、40年ぶりに奄美へ 「継続は力なり」

第53回全国中学校相撲選手権大会(8月18~19日、高知県)で全国制覇を果たした鹿児島県大島郡瀬戸内町立古仁屋中学校相撲部が20日夜、空路で凱旋(がいせん)した。搭乗便の出発が約2時間遅れ、奄美空港(奄美市笠利町)への到着は午後7時すぎとなったものの、選手たちは疲れた様子もなく笑顔。40年ぶりに奄美の地へ優勝旗を持ち帰った。

日本一の称号を土産に凱旋した古仁屋中学校相撲部一行=8月20日、奄美空港

ㅤㅤㅤ

一行が奄美大島をたったのは8月3日。4日に長崎県であった九州大会を終え、一度帰島予定だったが、台風6号の影響などもあり断念。約1週間ほど鹿児島県本土に滞在し、その後は大阪へ移動して、近畿大学の合宿所に泊まりながら稽古に励み、全国大会に備えた。

大会当日は保護者らも会場に駆け付けて応援。現地の観客も多くが古仁屋中に声援を送ってくれていたという。

「優勝旗の重さに驚いた」と話す同部主将の重村鴻之介さん(3年)は「古仁屋は小さいころからみんなで一緒に頑張ってきた。このメンバーで臨んだ中学最後の大会で優勝できて最高」と充実の表情。

外部コーチで重村さんの父・一人さん(57)は「地域の方に支えられ、『強くなって恩返し』『島の方々に元気を』と声を掛け合いながらやってきた。子どもたちの頑張りに感動。本当にうれしい。まさに継続は力なりだ。小さな島から、一つの目標に向かってやればできるんだということを、彼らが証明してくれた」と目を細めた。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. MBCラジオ「あまみじかん」1月29日(第290回)は…
  2. 南海日日新聞〔写真〕シマ(古里)への思いを込め、島唄を歌う朝崎郁恵さん=25日、奄美市名瀬 朝崎さん、島への思い歌う 未来へつなぐヒギャ唄の夕べ
  3. 鉄道のない島にある不思議な駅「ヨロン駅」の秘密 鉄道のない島にある不思議な駅「ヨロン駅」の秘密
  4. 「奄美・沖縄」希少生物 保全へ Wi-Fiでマナー啓発
  5. 「おしごとテーマパーク」に行ってみた~! 「おしごとテーマパーク」に行ってみた~!
  6. 世界遺産登録を見据え 奄美大島を旅行代理店が視察 世界遺産登録を見据え 奄美大島を旅行代理店が視察
  7. シーズン到来!マリンスポットの現状
  8. きれいなユリの花、来年も 和泊町=笠石海浜公園で恒例の球根掘り取…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP