グルメ

「幻のみかん」で喜界島PR JAC=機内でキャンデー提供、素朴な甘さが特徴

日本エアコミューター(JAC、本部・鹿児島県霧島市)は2月16日から、喜界島産の「花良治(けらじ)みかん」ペーストを使用したキャンディーを機内で提供している。花良治みかんはスパイシーで爽やかな香りと素朴な甘さが特徴で、栽培が難しく島内での生産量も少ない珍しいかんきつ類。就航地の活性化を図る。

地場農産物の加工品で島の魅力をアピールしようと、2022年夏に喜界町農業振興課が企画。しかし、PR商品は群島外を含む「JAC全路線での提供が可能」との条件や、費用負担が課題となり商品の選定に難航。1年以上実現できずにいた時に、町担当者が同町湾の「おみやげセンターヨシカワ」で販売していたあめ菓子を見て発案。個装あめは従来からJACがサービスで提供しており、販売元の吉川商店、久山忍代表取締役社長とも意気投合。価格面の課題も解消し、機内提供が決まった。

提供に向けて個装袋のデザインを一新。職員が描いた町のマスコットキャラクター「よろこびと」がおいしそうにキャンディーを頬張るイラストを添えた。

JACによると、乗客にも好評で「どこで購入できますか」などの質問が寄せられている。第2弾の納品を終えたという町の担当者は「花良治みかんの新鮮さは島に来ないと味わえない。キャンディーで花良治みかんを知っていただき、ぜひ9~10月の収穫期に訪れてほしい」と話している。

提供は奄美大島―喜界島、徳之島―沖永良部便を除くJAC全便が対象。

JACの全路線機内で提供する「幻の花良治みかんキャンディー」(提供写真)

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 絶滅危惧種・ミゾゴイ飛来 沖永良部島、成鳥と幼鳥
  2. 提供:南海日日新聞:バラ科。分布・本州(宮城・山形県)以南。(アマチュア写真家) 島中を潤わせた樹木 シャリンバイ
  3. 観光客にも人気! みんなの拠り所「味の郷かさり」
  4. 晴れやかに入学式 奄美群島の小中学校=新型コロナ5類移行後初
  5. MBCラジオ「あまみじかん」11月14日(第229回)は…
  6. 背景に戦争体験 奄美ならでは学舎=島尾敏雄「死の棘」を考察
  7. MBCラジオ「あまみじかん」9月3日(第321回)は…
  8. マンカイ食堂3年ぶり再開 龍郷町秋名・幾里=手作りカレーで世代間…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP