自然

喜界島のアサギマダラを徳島県で発見!昆虫愛好家がマーキング

鹿児島県の喜界島から北上し、徳島県阿南市に渡ったアサギマダラが4月23日に見つかった。鹿児島昆虫同好会の福島誠さん(79)=喜界町中里=が3月20日、同町の林道滝川線でマーキングして放したうちの1匹。福島さんがマーキングしたアサギマダラの渡りが確認されたのは高知県室戸市で発見された2019年以来3年ぶり。

アサギマダラは季節に合わせて日本列島を長距離移動するチョウとして知られ、研究者らが個体の羽に捕獲場所や日付を記入して放し、移動ルートなどを調査するマーキングの取り組みを行っている。福島さんは2001年から20年以上マーキング活動を行っており、今春は800羽以上に捕獲場所や日付を記入している。

福島さんによると、阿南市で捕獲されたアサギマダラは、スイゼンジナ(ハンダマ)の花に止まっていた個体を現地の昆虫愛好家が捕獲。羽には「キカイ」「T」「MF516」のほか、日付を示す「3/20」が記載されていた。

個体に記された「T」は林道滝川線、「MF516」は福島さんがマーキングした516羽目の個体を意味する。福島さんは昆虫愛好家の交友サイトで、自身がマーキングしたアサギマダラの画像などを公開していたことから、同サイトを通じて確認の連絡が届いたという。

福島さんは「アサギマダラの渡りが確認されたのは、奄美では今年初。喜界島では今春、個体は例年の約半数しかいなかっただけに、本土への渡りを確認できてうれしい。今後も体力の続く限り活動を続けたい」と話した。

南海日日新聞〔写真〕喜界島でマーキングされ、徳島県阿南市で捕獲されたアサギマダラ(福島さん提供)

 

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 海辺のりりしい用心棒 フクギ(福木)
  2. 空から探訪!世界自然遺産・奄美
  3. 〔写真〕巣穴に餌を運ぶアカショウビン=25日午前8時ごろ、喜界町(築秀夫さん撮影 アカショウビン、子育て真っ最中 喜界島、築さんが撮影
  4. 冬場でも大人気!マングローブカヌーツアー 冬場でも大人気!マングローブカヌーツアー
  5. MBCラジオ「あまみじかん」11月14日(第229回)は…
  6. 「キバナノセッコク」県希少野生動植物に
  7. 〔写真〕沖永良部島沖で見つかったシューヤジリチンヨウジウオの拡大写真(鹿児島大学総合研究博物館提供):写真説明「シューヤジリチンヨウジウオ」 国内初確認、シューヤジリチンヨウジウオ 沖永良部島
  8. 訪問客はシラサギ 和泊町、陽光浴びてさらに白く

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP