コト

海辺に咲く「ハイビスカス」 オオハマボウ

色鮮やかなハイビスカスたちが咲き誇る奄美の夏。海辺では天然のハイビスカス「オオハマボウ」も花の季節を迎えている。

高さ10メートル前後で群生し、濃い緑のこんもりとした樹冠をつくるが、身体に似合わず花はちらほら。花の径は10センチほど。朝開き、夕方にはしぼんでしまう一日花。咲き始めは黄色で、夕方近くになると徐々に赤みを帯びて落下するのだが、しぼんだまま翌日まで残っていることも。

砂浜やマングローブ林のほとんど海水に浸らない場所に生え、アダンなどとともに防風、防砂、防潮の重要な役目をし、公園樹や街路樹としても利用。さらに樹皮から採れる繊維は縄材に、年中どっさり茂る広い葉は飼料や緑肥に利用され、紙が貴重だった時代にはトイレットペーパー代わりにと、大いに人々の生活も支えてきた。

ハマボウの名は、浜に生えるホオノキ(朴の木)の意味。姿は似ていないが、いずれも葉が食物を盛ったり、包んだりするのに使われたことからとか、フヨウ(芙蓉)がなまったものとも。本種はハマボウよりも大型なのでオオハマボウ(大浜朴)。

そっくりな仲間に、奄美大島が分布の南限となるハマボウと北限種のサキシマハマボウがあるが、自生地は多くない。

奄美では海流で打ち寄せられたものをユリムン(寄り物)と呼び、それがたまる場所がユナ。打ち寄せられるほとんどはごみだろうが、材木や燃料用のまき、見知らぬ国の木の実や種子、貝殻など、恵みもたくさんある。本種の種子も海流によってユナに根付くのでユナギィ、ユーナの方言名が。

アオイ科。分布・小笠原及び種子島、屋久島以南。(アマチュア写真家)

〔写真〕花色が変化するオオハマボウの花

〔写真〕花色が変化するオオハマボウの花


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 南海日日新聞〔写真〕身を寄せ合って春を待つリュウキュウアサギマダラ=奄美大島 春待ち、集団越冬 リュウキュウアサギマダラ、奄美大島
  2. まるでジブリの世界?喜界島の神秘的な巨大ガジュマル神秘的な巨大ガジュマル まるでジブリの世界?喜界島の神秘的な巨大ガジュマル
  3. 南海日日新聞〔写真〕墓前で酒席を囲む人々=16日、知名町田皆 先祖と共に新年祝う 沖永良部島、親族集い墓正月
  4. ナイトツアー 冬場はナイトツアーが面白い!
  5. 名瀬港 異動する教職員との別れ 新型コロナの影響も
  6. カワウ対策を強化 リュウキュウアユ保全、 食害を懸念
  7. ユリ球根、取引開始 沖永良部島、天候に恵まれ品質上々
  8. 愛らしい紅色の花がほころび始めたサクラ=8日、龍郷町の長雲峠 ヒカンザクラ開花 龍郷町自然観察の森、見頃は今月下旬

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP