コト

ウミガメの産卵環境保全へ 奄美海洋生物研究会=親子連れ生態学ぶ、光の反応実験も

奄美海洋生物研究会(興克樹会長)主催のウミガメミーティングが9日夜、鹿児島県奄美市名瀬の奄美海洋展示館であった。親子連れなど17人が参加。奄美大島で主に見られるアカウミガメ、アオウミガメの生態や、上陸、産卵状況などを興会長が説明した。近くの大浜海岸で光に向かって進むウミガメの習性を学ぶための実験も行った。

同協会は2012年に発足。ウミガメの産卵環境の保全を目的に、地元自治体や地域住民らと連携して奄美大島全域で上陸、産卵状況の調査を行っている。ミーティングは島内の産卵地などで毎年数回実施しており、観察会なども取り入れて保全への意識向上を図っている。

調査報告によると、23年の奄美大島へのウミガメの上陸は360回、産卵は260回。産卵の内訳はアカウミガメ46回、アオウミガメ157回、種不明57回で、アカウミガメの産卵回数は協会発足以来最少となった。

興会長は「ウミガメの産卵には周期があり、アオウミガメは同水準で増減を繰り返しているものの、アカウミガメは減少傾向が続いている」と説明。北太平洋では日本が唯一の産卵地であるアカウミガメの減少に危機感を示した。

ふ化したばかりの子ガメは光に寄ってくる習性があり、産卵地の街灯によって道に迷う子ガメが出ることも報告された。興さんは夜間の観察の際は影響の少ない赤色ライトを使うことや、上陸したウミガメを見つけた場合は刺激せず静かに見守ることなどを呼び掛けた。

報告の後は近くの大浜海岸へ移動。昨年8月に同海岸でふ化し海洋展示館が保護・飼育している重さ3キロ弱のアカウミガメを砂浜へ下ろし、白色ライトと赤色ライトに対する反応の違いを確認した。

龍郷町赤尾木から家族で参加した女児は「ウミガメがかわいかった」と笑顔。女児の母親は「ウミガメの生態を知り、より興味が深まった。娘にも地元で見られるウミガメに愛着を持ってもらいたい」と話していた。

実験を通して強い光に向かっていくウミガメの習性も学んだウミガメミーティング=9日、奄美市名瀬の大浜海岸

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 住宅新築に100万円助成 大和村=定住促進、地域活性化へ
  2. MBCラジオ「あまみじかん」6月8日(第412回)は…
  3. 提供:南海日日新聞:バラ科。分布・本州(宮城・山形県)以南。(アマチュア写真家) 島中を潤わせた樹木 シャリンバイ
  4. 島暮らし体験ツアー企画 龍郷町、大学生が郷土料理作り
  5. 龍郷町産のコーヒー
  6. IUCN勧告迫る 世界自然遺産=奄美・沖縄、登録の鍵
  7. 西郷どんと力くらべ!西郷隆盛謫居跡で徳之島の歴史を紐解く
  8. クルーズ船寄港、最多水準 再開から半年、奄美ファン獲得に注力を

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP