コト

空き家を宿泊施設に 奄美市のカフェ&バー=集客・運営業務を代行、管理清掃も

鹿児島県奄美市名瀬にあるゲストハウス併設の飲食店「en‐Hostel&Cafe bar」(永田陽祐代表取締役)は4月から、NPO法人あまみ空き家ラボ(佐藤理江理事長)と協力し、地域で増加する空き家の有効活用に向けた新たな事業を始めた。旅行者の宿泊所として空き家の貸し出しを希望する大家に代わり、enがSNS(インターネット交流サイト)やWEBサイトを活用し、集客対応業務や顧客対応を代行するサービス。大家の希望に応じて空き家の管理清掃も請け負う。

原則、改修などを済ませ、宿泊所として活用可能な空き家が対象。希望者には宿の雰囲気をよくするための装飾品や、宿泊施設向けの清掃備品などについてenが提案、助言を行う。宿の魅力を伝えるのに重要なWEBサイトに掲載する写真の撮影依頼にも応じる。

あまみ空き家ラボは、空き家オーナーにenが行う事業を紹介し、貸し出しを希望する場合の仲介を担う。

「将来的に奄美大島へ移住しようと空き家の購入を検討しているが、移住までの間もうまく活用したい」「両親が亡くなった後、実家を管理しているが空き家になっている」。

永田さん(36)は、そうした空き家を宿泊所として有効活用することで、夏季シーズンの宿不足緩和など観光課題の解消にも貢献できると考えた。

旅行者が支払う宿泊料金から集客や顧客対応、管理清掃などenが実施するサービスにかかる費用を差し引いた額を、空き家のオーナーに支払う。宿泊料の設定は、enと空き家のオーナーで協議して決める。

オーナーにとっては貸し出しによる収入に加え、空き家の適切な管理につながるなどのメリットがある。

すでに今月から、龍郷町の空き家1件の集客代行を実施。7月からは奄美市名瀬地区の1件で空き家の管理清掃なども含む運営代行業務を予定している。今後も、あまみ空き家ラボと連携し、代行業務を拡大していく。

現時点では集客代行は奄美大島一円、運営代行は奄美市、龍郷町の空き家が対象だが、体制を整え、徐々に対象範囲も広げたい考え。

宿泊手続きや鍵の受け渡しは、名瀬入舟町のenで行う。「鍵を必要としないスマートロックキーなどのシステム活用も考えたが、近隣の宿はあえてenまで足を運んでもらい、周辺のお店や観光スポットを紹介することで、屋仁川などへの誘客にもつながれば」と永田さん。「あまみ空き家ラボの協力があってこそ成り立つ事業モデル。地域の空き家問題解消にも貢献できる、三方良しの事業へと成長させたい」と話した。

enが集客代行を担う龍郷町の空き家(提供写真)

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. アコウの実、鈴なり 淡い紅色も愛らしく 名瀬朝戸
  2. 初夏の味、収穫始まる 奄美モズク、触感に特徴
  3. サンゴ図鑑、HPで公開 喜界島科学研究所130種紹介
  4. MBCラジオ「あまみじかん」8月14日(第267回)は…
  5. MBCラジオ「あまみじかん」1月14日(第339回)は…
  6. 「結に島」合同パトロール
  7. せとうちラジオ開局
  8. 自動潅水システム開発に挑戦 与論島=元半導体技術者の阿多さん、I…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP