コト

集落の教科書づくりに挑戦 龍郷町=地域おこし協力隊の竹内さん着任

鹿児島県奄美大島の龍郷町で7人目となる地域おこし協力隊の辞令交付式が4日、役場町長室であり、東洋大学大学院を今春卒業した竹内ひとみさん(24)=埼玉県出身=が着任した。大学時代から奄美大島に通い、地域住民らと交流してきた竹内さんは「移住者に集落暮らしの慣行などを知ってもらう『集落の教科書づくり』などに挑戦したい」と意気込む。

龍郷町地域おこし協力隊に着任した竹内ひとみさん(中央)=4日、龍郷町役場

竹内さんは東洋大学に2017年入学し、今年3月に同大学院修士課程を修了。修士論文では、奄美大島へ移住するサーファーが多い経緯を研究した。昨年、現地調査の一環で来島した際は、同町円で約3カ月間生活し、集落暮らしを通じて地元住民と交流した。

辞令交付に当たり、竹田泰典町長は前任・現任の地域おこし協力隊員が役場にいることも踏まえ「頼れることは周囲に頼り、住民の信頼を得られるよう頑張って」とエールを送った。

「特に若い移住者は人間関係づくりに苦労すると聞く。若い世代を巻き込んだ活動を展開したい」と竹内さん。プライベートではウクレレ演奏が趣味ということもあり「三味線も覚えたい」と笑顔で語った。

着任は4月1日付で任期は原則最長3年間。企画観光課で空き家対策や移住・定住支援の業務を担当し、地域の実情をより深く学びながら取り組みを模索する。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 県産焼酎の認知度向上、販路拡大へ 輸出拡大プロジェクト小委
  2. 大男伝説残る幻の滝 龍郷町、秋名川源流のトンジュウロウ
  3. 伝統文化を継承 子どもたちのシマ唄大会 奄美市
  4. 西郷どんと力くらべ!西郷隆盛謫居跡で徳之島の歴史を紐解く
  5. 学校と地域の橋渡し役 奄美高校魅=力化コーディネーターにOB5人…
  6. 来月休校の加計呂麻島・秋徳小中学校 姉妹2人の修了式
  7. MBCラジオ「あまみじかん」5月22日(第255回)は…
  8. 秋の高校野球 接戦の末 大島高校が県大会・初優勝

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP