コト

観光に電動キックボード活用 与論島、実証実験始まる

鹿児島県与論町(与論島)の宿泊施設が、電動キックボードを観光に活用する実証実験を始めた。環境への負荷が低く、景観を楽しみながら移動できるのが特徴。利用者からは「風が気持ちいい」「操作が簡単で音も静か」などの感想が寄せられている。

同町古里の百合ヶ浜ビーチハウス(田中康平代表)が、町が目指す持続可能な観光に即した取り組みとして企画。宿泊客や併設するカフェの来店客を対象に貸し出している。1人乗りで原付か普通免許が必要。3時間の充電で約20キロ走行可能で、時速は約20キロ。公道を走ることができるようナンバープレートや方向指示器なども装備されている。

沖縄県から与論島に初めて訪れたという仲井眞晶子さん(32)は試乗後、「電動キックボードは風が気持ち良くて最高だった。海がきれいで感動した」と笑顔で話した。

百合ヶ浜ビーチハウスの管理人でエコツアーガイドの佐藤伸幸さん(38)は「来年のゴールデンウイークまでに本格的に観光利用できるようにしたい。将来的には、他の事業者や行政などとも連携し、観光客が気軽に島内を電動キックボードで移動できる仕組みを構築できればいい」と話した。

南海日日新聞〔写真〕電動キックボードの試乗を楽しむ観光客=2日、与論町

南海日日新聞〔写真〕電動キックボードの試乗を楽しむ観光客=2日、与論町


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 街中に欧米客、何を買う? 国際クルーズ船寄港=商機拡大、課題は外…
  2. MBCラジオ「あまみじかん」1月13日(第391回)は…
  3. 笠利の復帰物語、冊子に 大島北高校=聞き書きサークル、「シマ(集…
  4. MBCラジオ「あまみじかん」8月21日(第268回)は…
  5. MBCラジオ「あまみじかん」3月5日(第295回)は…
  6. 廃棄瓶でSDGsキャンドル 宇検村出身の塩本さん開発
  7. 広報誌探検隊は「徳之島町」を探検! 広報誌探検隊は「徳之島町」を探検!
  8. 南海日日新聞〔写真〕徳之島最大の観光イベントとなっている闘牛大会 闘牛大会、初の中止決定 徳之島、新型コロナ対策で

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP