コト

孤高の画家・田中一村しのぶ 奄美市名瀬=終焉の地で一村忌

鹿児島県奄美大島で69年の生涯を終えた孤高の日本画家・田中一村(1908~77)の命日に当たる9月11日、奄美市有屋にある一村終焉(しゅうえん)家屋で第34回「一村忌」が行われた。地元有志ら約20人が参加し、一村をしのんだ。

南海日日新聞【写真】ソテツ葉をささげ、冥福を祈った田中一村忌=9月13日、奄美市名瀬有屋

一村を顕彰するため、有志で組織する「一村会」(美佐恒七会長)が毎年開催。今年は命日と日曜日が重なったことから、一村をしのび学ぶ「一村キッズクラブ」(県奄美パーク田中一村記念美術館)の活動と合同で行われた。午前中開催は初めて。

参加者は約1時間かけて家屋周辺を清掃した後、家屋の縁側に設けた祭壇に手を合わせて冥福を祈った。新型コロナウイルス感染対策として屋外開催を予定していたが、献杯の途中で雨が降ったため屋内に移動。参加者から「一村さんが『家に入りなさい』と言ったのかも」などの声も聞こえ、和やかな雰囲気の中で執り行われた。

美佐会長(74)は「一村は作品だけでなく、生き方に感銘を受けるファンも多い。一村の生涯を若い世代に伝えていければ。コロナの収束後の命日には、八月踊りや島唄で盛り上げたい」と話した。

田中一村は1908年7月、栃木県生まれの日本画家。50歳で奄美大島に移住し、大島紬の染色などをしながら数々の傑作を残した。

 

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 奄美の『蘇鉄』(ソテツ)
  2. 南の島のニューイヤー駅伝
  3. ウミガメを見守る
  4. 南海日日新聞〔写真〕名瀬沖に現れた珍客マンボウ(興さん撮影) 名瀬沖にマンボウ 興さん「奄美で見たのは初めて」
  5. 【与論島レポート】幻のビーチ・百合が浜の2020年出現スケジュールと楽しみ方を教えます! 【与論島レポート】幻のビーチ・百合が浜の2020年出現スケジュー…
  6. 子供たちがムズラシャ(ワクワク)と出会うためのワークショップ「放…
  7. MBCラジオ「あまみじかん」10月22日(第328回)は…
  8. 旧盆~冥界に一番近い島の、美しく温かい三日間~

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP