イベント

奄美に魅せられ「ゲニウス・ロキ」 写真家の館野さん、東京で写真展

奄美に魅せられ、東京から通いながら撮影を続けている風景写真家、館野二朗さん(48)の写真展「奄美 ゲニウス・ロキ」が2月1日から、東京都品川区のキヤノンオープンギャラリー1で開催されている。

館野二朗さんが奄美大島に通って撮影してきた自然風景などを展示している写真展=2月15日、東京都

ㅤㅤㅤㅤ

館野さんは東京都の出身。北海道から沖縄まで全国各地の風景写真を中心に撮影しており、2016年冬に奄美大島を初めて訪れた。

タイトルのゲニウス・ロキはラテン語で「地霊」の意味。眼下に広がる大島海峡と深い森、瀬戸内町古仁屋の街並みを見て「その土地から湧き上がってくるもの」を感じ、「この不思議な感覚の正体を知りたくて、仕事を抜きにして奄美に足しげく通うようになった」という。

写真で奄美の魅力を伝えたいのではなく、「写真を撮ることで、自分自身がなぜ奄美に魅せられてしまうのか知りたいと思っている。奄美は生涯を懸けて追うテーマとなった」と館野さん。「今後は奄美の祭りなど自然と交わる人の営みも撮影していきたい」とも話した。

写真展は、デイゴの花が水面に波紋を描く作品や、海に浮かぶ小島が残光に照らされて金色に神々しく輝く作品など22点を展示している。

期間は3月6日まで。入場無料。

ㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 子供たちがムズラシャ(ワクワク)と出会うためのワークショップ「放…
  2. MBCラジオ「あまみじかん」2月10日(第395回)は…
  3. 人を幸せにする、奄美大島ネサリチョコレート 人を幸せにする、奄美大島ネサリチョコレート
  4. MBCラジオ「あまみじかん」12月2日(第385回)は…
  5. 地域主体、持続可能な発展へ 国頭村で自然と文化活用シンポ、奄美・…
  6. 公式ラインに「投稿」機能 奄美市=道路破損など情報提供期待
  7. MBCラジオ「あまみじかん」9月2日(第372回)は…
  8. 台風で倒れた小学校の“シンボルツリー” 住民が復旧 鹿児島県沖永…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP